シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

佐藤栞里、映画『ペット』で声優初挑戦!「夢がかなった」

佐藤栞里、映画『ペット』で声優初挑戦!「夢がかなった」
「声の仕事は夢だった」と語った佐藤栞里

 モデルでタレントの佐藤栞里が25日、都内で行われた映画『ペット』の吹替えキャスト発表会に出席し、今作での声優デビューについて「声の仕事は夢だったので、今回の話は夢がかなったという感じ」と心境を明かし、「映像を見せてもらったけど、なんて楽しい映画なんだと思った。初挑戦がこの作品でほんとにうれしい」と喜びをかみしめた。この日は、主演声優を務めるお笑いコンビ・バナナマンの設楽統と日村勇紀も登場した。

 同作は『ミニオンズ』のイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・ピクチャーズが作り上げた、ペットたちの知られざる世界に迫るアニメ。人間たちの留守中に犬や猫や小鳥といったペットたちが、どのように過ごしているのかをユーモアたっぷりに描く。主人公のテリア混ざりの雑種犬・マックスと保健所から救出されたのろまな犬・デュークの声を、それぞれ設楽と日村が担当し、佐藤はマックスの飼い主・ケイティの声を演じる。

 バナナマンの二人は『ミニオンズ』でも声優を務めており、設楽は「(本作も)『ミニオンズ』に出させていただいたときのスタッフと一緒で、今回は犬のマックス役。声の仕事は、子供に自慢ができるので大変うれしい」とあいさつ。日村は「自分の声を評価していただいてうれしい。本国のスタッフさんもすごく評価されていたと褒められた」と明かし、設楽から「初めて会ったとき、髪が今回の役の犬のような感じだった」と言われると、「似ててラッキー」と嬉しげに答え会場を沸かせた。

 さらに、アフレコに向けての意気込みを聞かれると、設楽は「事務所の後輩の島田秀平に占ってもらった時に、何らかの映画に主演すると言われていた。別のところで見てもらった時も、何か賞を受賞すると言われて」と告白し、「(僕は)『ペット』で受賞するんじゃないかと思うし、占い通りになればいいなと思う」と笑顔を見せた。日村は「映画が面白いことは間違いないから、吹替えで見た方が面白かったといわれるように頑張る。そのために声を大事にする」と気合いを込め、佐藤は「予告の収録だけで楽しかった。もっとケイティになりたい。本編の収録も楽しんで、(バナナマンの)二人と絆も深めていきたい」と話していた。(取材・文・波江智)

映画『ペット』は8月11日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 25日
  5. 佐藤栞里、映画『ペット』で声優初挑戦!「夢がかなった」