シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

もっとバイオレントに!『バットマン vs スーパーマン』R指定版がリリース

もっとバイオレントに!『バットマン vs スーパーマン』R指定版がリリース
映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』より - Warner Bros / Photofest / ゲッティ イメージズ

 アメリカでは映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のR指定版がリリースされるようだ。レイティングを決定するアメリカ映画協会が、米ワーナー・ホームエンターテイメントが発売する同作の「アルティメット・エディション」のレイティングは「R」だと発表したことで明らかになった。

 『ダークナイト』3部作のクリストファー・ノーランが製作総指揮、『マン・オブ・スティール』のザック・スナイダーが監督を務めた『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は、スーパーマン(ヘンリー・カヴィル)対バットマン(ベン・アフレック)という世紀の対決を描くアクション大作。アメリカ映画協会によると、劇場公開バージョンはPG-13指定だが、その後発売されるDVDの「アルティメット・エディション」はR指定となる。理由は「暴力シーン」とされており、劇場公開バージョンではカットされたアクションシーンが追加になるものと見られている。

 ちなみに、『ダークナイト』3部作と『マン・オブ・スティール』はいずれもPG-13指定で、R指定を受けたことはない。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は3月25日に日米同時公開。(編集部・市川遥)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 25日
  5. もっとバイオレントに!『バットマン vs スーパーマン』R指定版がリリース