シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

セクゾン中島『黒崎くんの言いなりになんてならない』が初登場1位!『ヘイトフル・エイト』は9位【映画週末興行成績】

セクゾン中島『黒崎くんの言いなりになんてならない』が初登場1位!『ヘイトフル・エイト』は9位
見事1位に輝いた映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』 - (C)「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会

 土日2日間(2月27日~28日)の全国映画動員ランキングが2月29日に興行通信社より発表され、人気アイドルグループ Sexy Zone の中島健人主演作『黒崎くんの言いなりになんてならない』が初登場で首位を獲得した。

 マキノ原作の人気コミックを中島、小松菜奈、千葉雄大と旬のキャストで実写化した本作。160スクリーンで公開され、動員は15万7,680人、興行収入1億9,070万5,900円を記録。客層は、10~20代の女性が中心で、劇場1スクリーンあたりのアベレージは119万1,912円という高い水準を保っている。

 先週まで3週連続で1位の座にあった『オデッセイ』は、2位にランクダウン。先週末の動員は14万5,240人、興収2億1,367万1,300円で、全国映画興収ランキングでは1位となっている。また、24日間の累計は187万1,276人、興収27億2,546万8,100円に達した。

 アメリカ沿岸警備隊史上最も困難を極めた救出任務として語り継がれるSSペンドルトン号の救出劇をクリス・パイン主演で映画化した『ザ・ブリザード』は4位に初登場。407スクリーンで公開され、動員6万613人、興収9,986万7,400円を記録した。さらにクエンティン・タランティーノ監督初の密室ミステリー『ヘイトフル・エイト』が9位にランクイン。119スクリーンで公開され、動員3万5,102人、興収4,741万6,530円をあげた。

 公開6週目となる『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』の累計動員は310万9,877人、累計興収は39億8,330万5,700円。興収40億円が間近となった。

 惜しくもトップ10入りを逃したが、ウェイン・ワン監督、ビートたけし主演の『女が眠る時』は12位に初登場。なお、公開延期となった宮藤官九郎監督作『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は2月6日が初日予定だった。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2016年2月27日~28日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(初)『黒崎くんの言いなりになんてならない』:1週目
2(1)『オデッセイ』:4週目
3(2)『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』:6週目
4(初)『ザ・ブリザード』:1週目
5(6)『Born in the EXILE ~三代目J Soul Brothersの奇跡~』:3週目
6(3)『X-ミッション』:2週目
7(5)『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』:11週目
8(4)『さらば あぶない刑事』:5週目
9(初)『ヘイトフル・エイト』:1週目
10(8)『ガールズ&パンツァー 劇場版』:15週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 1日
  5. セクゾン中島『黒崎くんの言いなりになんてならない』が初登場1位!『ヘイトフル・エイト』は9位