シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

妻夫木聡、ひそかな不満を告白「いつも不利なんです」

妻夫木聡、ひそかな不満を告白「いつも不利なんです」
舞台あいさつの順番がいつも不利なんです…妻夫木聡

 俳優の妻夫木聡が3日、港区芝公園の結婚式場 The Place of Tokyo で行われた映画『家族はつらいよ』公開直前イベントに出席、これまで胸に秘めていたひそかな不満をぶちまけた。この日は山田洋次監督、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、蒼井優らも来場した。

 山田監督の国民的喜劇映画『男はつらいよ』シリーズ終了から20年。山田監督が久しぶりに手掛けた喜劇作となる本作は、結婚50年目を迎えた平田家の父と母に突如離婚の危機が訪れ、家族が大慌てするさまを描き出す。この日は東京タワーのふもとに位置する会場で、新婚や金婚などを迎えた一般客のカップルを招待し、平田家の“金婚式”に模したイベントを実施した。

 本作では、山田監督の『東京家族』の主要キャスト陣が全員続投となったということもあり、気心知れた様子で、和気あいあいとした雰囲気の出演者たち。まずは橋爪が「梅は咲いたか桜はまだかいな~」と小唄をうたいだして「春ですね。そういう映画です」と笑ったり、正蔵が「『家族はつらいよ』と説きまして、『豪華客船の船出』と解く。その心は『どちらも“こうかい”(公開・航海)が待ち遠しい』でしょう」といきなり謎かけを始めたりと、自由なコメントをぶちこんで、会場を沸かせていくベテランキャストたち。

 一方、平田家の次男を演じた妻夫木は、そんな先輩たちの姿を見て「僕は何も用意していなかったですけど……」と頭をかきながらも、「本日は父と母の金婚式にようこそおいでくださいました」とあいさつ。「理想では完璧な家族を追い求めがちですけど、本当はデコボコじゃないですか。家族にはいいところもあれば悪いところもある。だからいとおしく感じてしまうというのは、日々、自分の家族でも感じますし、この映画でも感じるところではありますね」と本作について真摯(しんし)に語ってみせた。

 だが、「夫婦円満」をモチーフとした本作にちなみ、共演者たちに対する「不満」はないかと尋ねられる一幕もあり、そこで妻夫木が「舞台あいさつの順番がいつも不利なんですよ。(橋爪や西村、正蔵たちのコメントで)笑いがドカンと来るので、兄さん方の後でいつも不満です」とぶちまけると、会場は大笑い。「じゃ、山田監督の後にコメントすればいい!」という提案も飛び出したが、「いえ、それも困ります」と頭をかくことしきり。そんな妻夫木の姿に会場は再び笑いに包まれた。(取材・文:壬生智裕)

映画『家族はつらいよ』は3月12日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 3日
  5. 妻夫木聡、ひそかな不満を告白「いつも不利なんです」