シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「魔法のステッキ」が引き起こす負の連鎖…36歳の天才監督の先生はタランティーノ&アルモドバル(1/2)

「魔法のステッキ」が引き起こす負の連鎖…36歳の天才監督の先生はタランティーノ&アルモドバル
娘の願いをかなえようとする父親に脅迫され、破滅していく美女バルバラ - Una produccion de Aqui y Alli Films, Espana. Todos los derechos reservados (C)

 架空の日本の魔法少女アニメをモチーフにしていることでも話題のスペイン映画『マジカル・ガール』のカルロス・ベルムト監督が来日した際に、ペドロ・アルモドバル、クエンティン・タランティーノという2人の鬼才から学んだ映画づくりの持論を明かした。

 「魔法のステッキ」と言えば、映画やアニメにおいて幸福や奇跡を引き起こすアイテムとして使われることが多いが、本作では結果的に悲劇をもたらすものとして描かれている点が印象的だ。映画の主な登場人物は、白血病に侵され余命宣告を受けた少女アリシア、その父親ルイス、心に闇を抱えた美女バルバラ、そして刑務所を出所した初老の男性ダミアン。「魔法少女ユキコ」のコスチュームが欲しいというアリシアの小さな願い事が、決して交わることのないであろう人々を結び付け、負の連鎖を生み出していく。

マジカル・ガール
無垢な少女の願いは、やがて脅迫の連鎖を生んでいく… Una produccion de Aqui y Alli Films, Espana. Todos los derechos reservados (C)

 恐ろしくも切ないストーリーについて、「初めは脅迫の連鎖を描きたいと思っていた」と切り出したカルロス監督。「スペイン版のポスターには『欲望に気を付けろ』というキャッチコピーが書かれているんだけど、一人の人間が何かの欲望を満たそうとすることで、第三者を脅迫する。そしてその第三者は事態を何とかしようとして、また別の誰かを脅迫する……というふうにね。魔法少女のコスチュームを欲しがる娘の欲望をかなえるためにルイスはバルバラを脅迫し、負の連鎖を生んでいくんだ」と経緯を説明する。

 脅迫の連鎖にのみ込まれていく登場人物たちのバックグラウンドはいずれも断片的にしか明かされていないが、それぞれ過酷な現実と戦っており、ある人物にとっては天使であり、ある人物にとっては悪魔でもある。そんな観る者の好奇心を掻き立てるキャラクターづくりの秘訣について、カルロス監督は「登場人物をつくり上げていくときに必ずやることは『彼らを判断しない』こと」だという。「人間には常に光と影の部分があるものだよね。例えば、ルイスのように物語の1章ではヒーロー的な役割だった人物が2章で悪人になったとしても、それには理由があるわけで、それがいいとか悪いとか、映画をつくる側が判断しないということだ。キャラクターの矛盾に際し『自分もそうなるかもしれない』と思う瞬間こそが自分にとってはすごく重要で、それを学んだのがクエンティン・タランティーノとペドロ・アルモドバルだ」とモットーを語るとともに、彼に大きな影響を与えた2人の監督の名前を挙げた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 10日
  5. 「魔法のステッキ」が引き起こす負の連鎖…36歳の天才監督の先生はタランティーノ&アルモドバル