シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

小栗旬×『るろ剣』大友監督のサイコスリラー『ミュージアム』の場面写真が公開!

小栗旬×『るろ剣』大友監督のサイコスリラー『ミュージアム』の場面写真が公開!
刑事役の小栗旬 - 映画『ミュージアム』 - (C)巴亮介/講談社 (C)2016 映画『ミュージアム』製作委員会

 小栗旬と『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が初タッグを組む、人気サイコスリラー漫画の実写化映画『ミュージアム』が今秋公開されることが決定した。併せて、猟奇殺人鬼事件に挑む刑事・沢村久志(小栗)の傷だらけになった姿が披露された。

 本作は、2013年から「週刊ヤングマガジン」で連載された巴亮介による同名漫画を実写化。雨の日に次々に起きる猟奇殺人事件の犯人は、カエルのマスクを被った通称・カエル男。残忍な殺人を演出し“アーティスト”を自称するカエル男の犯行現場には、謎のメモが残されていた。事件の関連性に気付いた沢村刑事が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がり、犯人を追うはずの沢村自身が絶望的な状況に追い詰められて行く。

 公開された場面写真で切り取られているのは、顔にいくつもの傷を負った沢村の姿。雨に濡れる窓の向こうを鋭いまなざしで見つめており、カエル男の新たな犯行を予感させる緊迫感のある仕上がりになっている。

 原作は全3巻で完結したものの、想像を絶する過激描写や緻密に練られたストーリー構成などが、今なお熱狂的な支持を集める。犬に食われて殺される「ドッグフードの刑」や、体の部分を切り落とし出生体重と同じ重さになるまで量る「母の痛みを知りましょうの刑」などカエル男によるおぞましい殺人が描かれており、実写化にあたって猟奇殺人事件がどのように表現されるのかが注目される。(編集部・高橋典子)

映画『ミュージアム』は今秋全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 9日
  5. 小栗旬×『るろ剣』大友監督のサイコスリラー『ミュージアム』の場面写真が公開!