シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

多部未華子の熱唱シーンが公開!小林武史プロデュースで名曲をカバー

多部未華子の熱唱シーンが公開!小林武史プロデュースで名曲をカバー
耳に残るすばらしい歌声! - (C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION

 多部未華子が主演を務める映画『あやしい彼女』より、多部がザ・フォーク・クルセダーズの名曲「悲しくてやりきれない」を熱唱するシーンが公開された。多忙の中、3か月に及ぶ猛特訓に励み、劇中歌のプロデュースを手掛けた小林武史や共演者に絶賛された多部の歌声は必聴だ。

 本作で多部が演じるのは、73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)がふとしたことから若返った20歳の姿。戦時中に生まれ、下町で育ち、早くに夫を無くしてからは女手一つで娘を育ててきた苦労人の彼女は、これを機に服装や髪型を変え、20歳の大鳥節子として新たな人生をスタートさせる。

 天性の歌声を持つ彼女は、その歌声で周囲を魅了し、ボーカルを務めるバンド・怪しい彼女はついに人気音楽番組に出演。公開された映像は、その番組に出演した際の歌唱シーンを映し出す。節子が歌い上げる「悲しくてやりきれない」の歌詞が彼女の人生と重なり、その力強くも切ない歌声と相まって、聴く者の胸に迫る仕上がりになっている。

 劇中では同曲のほか、「見上げてごらん夜の星を」「真赤な太陽」といった世代を超えて愛され続ける名曲を多部自身が熱唱している。本作のメガホンを取った『舞妓 Haaaan!!!』『謝罪の王様』などで知られる水田伸生監督が、ミュージカル「キレイ−神様と待ち合わせした女−」での多部の生歌にほれ込み、「彼女ならいける」と確信したことが多部の起用理由の一つ。しかし多部は、歌に強い苦手意識があったため、3か月もの音楽特訓を敢行。音楽プロデューサーの小林は「まるで別人のようになっている」と評価しており、要潤ら共演者も舞台あいさつで彼女の歌を絶賛した。物語の展開と併せて、磨きがかかった多部の歌声の全貌に期待だ。(編集部・小山美咲)

映画『あやしい彼女』は4月1日公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 9日
  5. 多部未華子の熱唱シーンが公開!小林武史プロデュースで名曲をカバー