シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

岩井俊二にアジアが熱狂!新ミューズ・黒木華への注目高まる!

岩井俊二にアジアが熱狂!新ミューズ・黒木華への注目高まる!
岩井俊二監督、香港・台湾プレミアに登場! - (C)RVWフィルムパートナーズ

 岩井俊二監督が黒木華、綾野剛、ミュージシャンのCoccoらとタッグを組んだ最新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』が、日本での公開に先駆け、香港・台湾での先行公開を迎えた。岩井監督自らが、プロモーションで同地に赴くのは、実に10年以上ぶりだったことから、会場は熱狂に包まれた。

 1999年に初監督作となる『Love Letter』が日本のみならず、韓国で公開されると、動員140万人の大ヒットを記録。その人気はアジア各国へも広がり、中国、台湾、香港などでも絶大な支持を得ている岩井監督。ちなみに、香港の撮影現場では、暖かく柔らかい照明で画作りをすることを「岩井俊二」と呼んでいるほどだ。そんな人気を受けて、今回の先行公開が決定。岩井監督がプロモーションの一環として香港・台湾を最後に訪れたのは、10年以上前のことだったことから、現地では待望のプレミアとなった。

 本作は、SNSで知り合った青年と結婚した派遣教員・七海が、新婚早々夫に浮気された揚げ句、家を追い出され、苦境に立たされたことから結婚式の代理出席、月100万円を稼げる住み込みメイドをはじめとする奇妙なバイトを始めるという物語。

 現地の街中には、本作で主演を務めた黒木の横顔を捉えたポスタービジュアルがいたるところに溢れ、“岩井俊二の新ミューズ”として黒木への注目は高まっていた。岩井監督が登壇したQ&Aでは、「岩井俊二監督と黒木華との出会いは?」という質問が相次いでいた。

 また、香港と台湾で行われたプレミアの会場はどちらも現地最大級の大きさのシアターだが満員となっており、劇中で七海が結婚式の代理出席のアルバイトをすることにかけて、岩井監督が「あなたたちも雇われてここに来ているわけではないですよね?」とコメントすると、会場は爆笑の渦に。香港・台湾合わせて100を超えるメディアが出席、観客の中には、シンガポールや上海から駆けつけた人もいた。

 岩井監督は「本当にありがたいことに、アジアの方々は僕の作品をずっと愛してくれていて、来るたびに暖かく迎えてくれます。取材やQ&Aで、こちらが考えてもいなかったような深い質問が飛び出して驚くこともありますが、それだけ真摯に僕の作品と向き合ってくれている。謝々、多謝です」と今回の経験を振り返った。(編集部・石神恵美子)

映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』は3月26日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 12日
  5. 岩井俊二にアジアが熱狂!新ミューズ・黒木華への注目高まる!