シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

峯岸みなみ、AKB卒業疑惑に「まだ卒業はできません」

峯岸みなみ、AKB卒業疑惑に「まだ卒業はできません」
映画初主演もドッキリが心配な峯岸みなみ

 AKB48の峯岸みなみ映画初主演作『女子高』の完成披露イベントが17日、シネマート新宿で行われ、登場した峯岸は「ちまたでは今日、峯岸が卒業発表するんじゃないかと噂があったらしく、ここで発表した方がニュースになるかなと、一瞬迷いましたが、この映画がヒットしないと、私の将来も不安なので、まだ卒業はできません。みなさん(本作を)ぜひ盛り上げてください」とファンに懇願し、会場を爆笑させた。

 峯岸は「お話を頂いた時、ドッキリではないかと本当に疑ってしまって、今も主演の実感も少しずつ湧きつつ、でもまだ公開前だし、周りのみんなは女優さんなので、何かありそう、油断できない、と今日も足場を気にしながらここに立っています」と自分が主演であることを、まだ疑っている様子。「『もしドラ』(『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』)の(原作の)モデルは私だったのに、映画になったら、主演が前田あっちゃん(前田敦子)だった苦い思い出もあるので」と振り返り、さらに笑いを誘った。

記事全体
キャストは制服姿で登場!

 峯岸のほか、この日は共演の高田里穂、泉はる、中山絵梨奈、北山詩織、寒川綾奈、潮美華、冨手麻妙と、メガホンを取った山本浩貴監督も登壇。高田が「リハーサル段階から、みーちゃん(峯岸)がLINEグループを作ってくれたり、みんなをすごくまとめてくれて」と話すと、「主演ですから」と応じた峯岸は「AKBではアシストやフォローなど、一歩引いた役回りが多かったけど、自分の前に誰もいない主演のプレッシャーや、(AKB48の)歴代センターはみんな孤独だったんだなという気持ちも感じられて、大変な反面、すごくうれしかった」と正直な感想を吐露した。

 また、「今後は女優業も目指す?」という記者の質問に峯岸は「どなたかからお話しをいただければ、女優もありかな、なんて。前田越え、大島(優子)越えを目指していきたい。今回は両親も喜んでくれています」と夢をふくらませた。本作は、女子高で青春を謳歌した仲良し6人組が、卒業から7年後、今は廃校となった母校で開かれた同窓会で殺人事件に遭遇したのをきっかけに、輝いていた女子高時代の記憶の片隅に追いやられていた恐ろしい真実に向き合っていく青春ミステリー。(取材/岸田智)

映画『女子高』は4月9日よりシネマート新宿ほかにて全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 17日
  5. 峯岸みなみ、AKB卒業疑惑に「まだ卒業はできません」