シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

来日中のディカプリオ、鏡開きにビビる

来日中のディカプリオ、鏡開きにビビる
いざ鏡開き!

 来日中のレオナルド・ディカプリオが23日、都内で行われた映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミアに登場、ファンとの交流や鏡開きを楽しんだ。

 レオが日本のファンと交流を持つのは、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2014)のPR以来2年1か月ぶり10度目。ファン約1,000人の大歓声に迎えられたレオは、「東京の皆さん、また戻って来られてうれしいです。ものすごい体験をしたこの映画を携えて来られたことを大変うれしく思います。ありがとうございます」とあいさつ。

 『レヴェナント:蘇えりし者』の演技で、第88回アカデミー賞主演男優賞に輝き念願のオスカー像を手にしたことについて、「わたしも監督も映画に携わった全員が本当にうれしく思いました」と語ると、過酷な撮影を振り返りつつ、「この作品は今までの作品とは違う特別なもので、皆さんにとっても画期的な体感ができると思います」と自信満々にアピールした。

 ステージ上では鏡開きで映画のヒット祈願とアカデミー賞受賞を祝福する演出もあり、「コングラッチュレーション、レオ!」のかけ声で四斗樽(しとだる)に小槌を振るうレオ。しかし、蓋を割るに至らないほど軽く叩いただけのレオは、「あんまり強く打つと(蓋が)割れて(酒が)飛び出してくるんじゃないかとちょっとこわかったです」と慣れない日本伝統の鏡開きに少しビビったことを明かし、照れ臭そうに笑っていた。

 その後、レッドカーペットを歩きながら約20分にわたり、ファンの写真撮影やサインを求める声に応じたレオ。別れを惜しむファンの声を受けて、最後はステージにかけ上がると、大きく手を振って会場を後にした。

 本作は、最愛の息子を殺され、極寒の地に放置されたハンター、ヒュー・グラス(レオ)が、裏切り者への復讐心を原動力に過酷なサバイバルの旅を繰り広げるさまを描いた。第88回アカデミー賞では、レオが主演男優賞を受賞したほか、監督賞(アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督)、撮影賞(撮影監督エマニュエル・ルベツキ)の3冠を達成した。(取材/錦怜那)

映画『レヴェナント:蘇えりし者』は4月22日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 23日
  5. 来日中のディカプリオ、鏡開きにビビる