シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

よしもと芸人にファン歴詐称疑惑!?「ウソつきません」

よしもと芸人にファン歴詐称疑惑!?「ウソつきません」
デアデビルファン歴を疑われた、玉城泰拙、なだぎ武、竹若元博、川谷修士(左から) - 写真:タナカトシノリ

 お笑い芸人のなだぎ武、竹若元博(バッファロー吾郎)、川谷修士(2丁拳銃)、玉城泰拙(セブンbyセブン)が24日、秋葉原で行われたドラマ「Marvel デアデビル」シーズン2上映イベントに登場し、“デアデビルファン歴詐称疑惑”を否定しつつも正直に打ち明ける場面があった。

 「Marvel デアデビル」は、昼は弁護士、夜はデアデビルとして正義のために闘う盲目のヒーローを描いたアクションドラマシリーズ。シーズン2では容赦なく殺りくを繰り返す処刑人パニッシャーと、主人公マット・マードックのかつての恋人、暗殺者エレクトラが新キャラとして登場。マットは二人と対立しながら再びニューヨーク、ヘルズキッチンの平和のために悪の組織に立ち向かう。

 何かと世間を騒がせている詐称問題。“マーベル大好きよしもと芸人”として集結した4人は、劇中のアクションシーンやデアデビルとパニッシャーの戦闘シーンの違い、コスチュームや武器の能力、さらにエレクトラとの展開などを語りつくした。だが、「実はデアデビルファン歴詐称ということはないですよね?」と記者から疑われると、「一番怪しいのは、武装してるやつ(デアデビル風の衣装を着た玉城)」とツッコんだ、なだぎ。玉城は「シーズン1は全て観ていますが、シーズン2は1話だけ。そこはウソをつきません」と正直に話し、「大丈夫です。みんなデアデビル大好き芸人です」と全員で声をそろえて公言した。

 また、元カノ・エレクトラになぞらえ、元カノとの遭遇を聞かれると、なだぎは「僕の場合は同じ会社なんで。局や本社で会ったり、遭遇はしょっちゅう。これからも遭遇しますよ」と以前に交際していた友近について、笑って答える一幕もあった。

 人を殺めることなく、最後は法に託すデアデビル。よしもとのデアデビルは誰かという質問には「いいやつで、怒らしたら怖い。FUJIWARAの原西(孝幸)やな。普段は優しいけど、お酒飲むとえらいことになるので」と竹若。一方、オレが法律、悪いヤツは全てこらしめるといった、よしもとのパニッシャーは「千原せいじ、宮川大輔。破壊系やな」となだぎが即答し、川谷は「よしもとはパニッシャーが多いですよ」と暴露していた。(取材・文:杉田直子)

「Marvel デアデビル」シーズン2はNetflixで配信中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 25日
  5. よしもと芸人にファン歴詐称疑惑!?「ウソつきません」