シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

伊藤計劃さんと円城塔の小説「屍者の帝国」が「SUGOI JAPAN Award」受賞(1/2)

伊藤計劃さんと円城塔の小説「屍者の帝国」が「SUGOI JAPAN Award」受賞
登壇した芥川賞作家・円城塔

 2009年に夭逝(ようせい)した作家・伊藤計劃さんの未完の小説を、親友の作家・円城塔が引き継いで執筆した小説「屍者の帝国」が「SUGOI JAPAN Award2016」に選出され、伊藤さんの両親が出席、故人の遺志を受け継いだ円城に感謝する一幕があった。

 「SUGOI JAPAN Award2016」は、2012年1月1日~2015年7月31日にかけて日本国内で刊行・放送・上映が行われた「マンガ、ラノベ、エンタメ小説」、2014年7月1日~2015年7月31日にかけて発表された「アニメ」を対象に、ファンによる推薦と有識者らの議論により4ジャンルそれぞれ約20作品(計92作品)を「SUGOI 20(スゴイ トウェンティー)」として発表。最終審査である国民投票を経て、各ジャンルの中から世界で大ヒットさせたいと思う作品を選ぶ。

 今回、エンタメ小説部門第1位作品に選ばれたのは、伊藤さんの未完小説を、親友の作家・円城が完成させた「屍者の帝国」。死体蘇生技術が飛躍的に進歩した19世紀末のロンドンを舞台に秘密の書「ヴィクターの手記」をめぐる物語で、2015年にはアニメーション化され、劇場で公開された。

 この日は円城とともに伊藤さんの両親も登壇。伊藤さんの父親は「計劃が亡くなってから一昨日でまる7年になりました。こうやって晴れがましいところに計劃が呼ばれたので、わたしと妻とで代わりに出席させてもらいました。これはなんといっても円城さんが引き継いで書いてくれたおかげ。深くお礼をいいたいです」と瞳をうるませながらあいさつ。円城も「このような大変名誉ある賞をいただけてやや戸惑っています。おとといで7年と聞いて、その期間、僕は何をしていたのかと。本来であれば、伊藤計劃が新作を発表し、ここに立っていたはずです。そして僕は2位くらいで邪魔するのが美しい形だと思う。それが叶わないことになってしまいましたが……」と沈んだ顔を見せつつも、「1位をいただけたことはうれしいのですが、それは主に伊藤計劃の力であると。それが7年たっても恐怖であります。今でも『もっと現代的にアレンジできたのではないか』とか、『ああすればよかったのではないか』とか、うなされて起きることがあります。彼にはもうちょっと働いてほしかった。そうすれば僕らも楽だった」と冗談めかしてあいさつし、「また第何回か後に、ここに立てればいいなと思います」と決意を語った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 22日
  5. 伊藤計劃さんと円城塔の小説「屍者の帝国」が「SUGOI JAPAN Award」受賞