シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ダイバージェント』第3弾が大苦戦…配給会社の株価まで下落【全米ボックスオフィス考】

『ダイバージェント』第3弾が大苦戦…配給会社の株価まで下落
ヤングアダルト小説原作映画の人気にかげり? - 映画『アリージアント(原題)』より - Summit Entertainment / Photofest / ゲッティ イメージズ

 先週末(3月18日~3月20日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、ディズニーアニメーション映画『ズートピア』が興行収入3,716万4,158ドル(約44億5,969万8,960円)で3週連続となる首位に輝いた。『ダイバージェント』シリーズ第3弾『アリージアント(原題) / Allegiant』は興収2,902万7,348ドル(約34億8,328万1,760円)と大苦戦で、初登場2位に沈んだ。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル120円計算)

 『アリージアント(原題)』は、五つの派閥に分かれた未来都市を舞台に異端の少女(シェイリーン・ウッドリー)の闘いを描く、ベロニカ・ロスによるヤングアダルト小説の映画化シリーズ第3弾。

 第1弾『ダイバージェント』は5,460万7,747ドル(約65億5,292万9,640円)、第2弾『ダイバージェントNEO』は5,226万3,680ドル(約62億7,164万1,600円)と安定したオープニング興収を記録していたが、本作はその半分強しか稼げずに惨敗。週明け月曜には、配給のライオンズゲートの株価が3%下落するという事態になってしまった。なお、『アリージアント(原題)』は前編であり、後編の製作も早い段階から決定している。

 キリスト教系ドラマ『天国からの奇跡』は、1,481万2,393ドル(約17億7,748万7,160円)という配給のソニーの予想を上回る興収を稼ぎ出して3位にランクインした。口コミでの評価が高く、イースター(復活祭)である次の週末でも落ちの少ない興行を続けられそう。

 また、『MUD マッド』のジェフ・ニコルズ監督とマイケル・シャノンがタッグを組んだSFスリラー『ミッドナイト・スペシャル(原題) / Midnight Special』が5館での限定公開ながら興収19万12ドル(約2,280万1,440円)を上げ、1館当たりの興収ランキングでは1位となるヒットとなっている。

 今週は、バットマンとスーパーマンがスクリーンで初共演を果たす『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』や『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』の続編などが公開される。(編集部・市川遥)

3月18日~3月20日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(1)『ズートピア』
2(初)『アリージアント(原題) / Allegiant』
3(初)『天国からの奇跡』
4(2)『10 クローバーフィールド・レーン』
5(3)『デッドプール』
6(4)『エンド・オブ・キングダム』
7(5)『ウイスキー・タンゴ・フォックストロット(原題) / Whiskey Tango Foxtrot』
8(6)『ザ・パーフェクト・マッチ(原題) / The Perfect Match』
9(8)『ザ・ブラザーズ・グリムズビー(原題) / The Brothers Grimsby』
10(11)『レヴェナント:蘇えりし者』


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 22日
  5. 『ダイバージェント』第3弾が大苦戦…配給会社の株価まで下落