シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

スピルバーグ監督、オスカー俳優マーク・ライランスと再タッグ!

スピルバーグ監督、オスカー俳優マーク・ライランスと再タッグ!
スティーヴン・スピルバーグ - Ian Gavan / Getty Images

 ハリウッド映画界の巨匠スティーヴン・スピルバーグが、長年温めてきた宗教を題材にした映画『ザ・キッドナッピング・オブ・エドガルド・モルターラ(原題) / The Kidnapping of Edgardo Mortara』を、次回作として手掛けることが The Hollywood Reporter ほか複数メディアで報じられた。

 本作は、スピルバーグ監督の制作会社アンブリン・エンターテインメントが企画している作品で、デヴィッド・カーツァーが執筆した同名原作を『ミュンヘン』『リンカーン』でタッグを組んだトニー・クシュナーが脚色。クシュナーは2008年からスピルバーグ監督と本企画に取り組んでいた。

 実話を基にした原作は、1858年イタリアのボローニャに生まれたユダヤ人エドガルドを中心に描いたもの。6歳の時に彼は警察によって両親のもとから連れ去られ、カトリック教徒として育てられ、最終的に司祭になる。このエドガルドを連れ去ることを承認した教皇ピウス9世役に、スピルバーグ監督作『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したマーク・ライランスが挑戦する。

 スピルバーグ監督は小説「ゲームウォーズ」を映画化した新作『レディ・プレイヤー・ワン(原題) / Ready Player One』をこれから製作する予定で、その後今作を手掛けるようだ。撮影は2017年の初期に行うという。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 14日
  5. スピルバーグ監督、オスカー俳優マーク・ライランスと再タッグ!