シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マイケル・ムーアじゃねーよ!ハリセンボン近藤「公認が欲しい」

マイケル・ムーアじゃねーよ!ハリセンボン近藤「公認が欲しい」
並ぶと本当に似てる近藤春菜とマイケル・ムーア監督

 お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜が19日、都内で行われた『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』宣伝隊長就任イベントに相方の箕輪はるかと共に来場、「マイケル・ムーアじゃねーよ!」とおなじみのネタを披露し、「監督本人に許可をもらっていないんで、公認がほしい」と展望を明かした。

 マイケル・ムーア風の衣装で登場した近藤は「今回、初めて(マイケル・ムーア関連の)オフィシャルの仕事をいただいてありがたいですね。この格好をしてみて、あらためて似ているなと自分でも思いましたね」と笑顔を見せた。箕輪も「本当に似ていますよね。隣で見ていたんですけど、普通にいすに座っている姿も本当にマイケル・ムーア監督だなと思いました」としみじみ付け加えた。

 待望のマイケル・ムーア映画の宣伝隊長に就任ということで、「ついに来たかという感じですよ」と感激した近藤は、「マイケル・ムーア監督のネタはもう何年もやっているし、映画が公開されたらいつかはこういう日が来るだろうと思っていたんで、うれしいですね。(『じゃねーよ!』と)否定していますけどね。今回、マイケル・ムーア監督は日本に来られていないので、影武者みたいな形でPRできたら」と意欲満々。箕輪も「日本の宣伝は春菜が一手に引き受ける!」と意気込んだ。
 
 「マイケル・ムーア監督に日本に来てもらいたかった。私の姿を見てほしかった」と残念がった近藤だったが、箕輪の「二人が出会ったらどうなるんだろうね?」という言葉に、近藤は「ボンッと消えるかもしれません。ぷよぷよ方式で消えちゃうかもしれません」と会場を笑わせ、「あわよくば監督に『近藤春菜じゃねーよ!』と言ってほしいですね」とさらなる野望を打ち明けた。
 
 超過激なアポなし取材でアメリカの社会問題に切り込んできたマイケル・ムーア監督6年ぶりのドキュメンタリー作品となる本作。これまで批判を繰り返してきた権力の片棒をかつぎ、アメリカの侵略政策に参加することになったムーア監督が、侵略先で必要となる世界各国の「常識」を根こそぎ略奪し、アメリカに持ち帰るというミッションを課せられるさまを追う。(取材・文:壬生智裕)

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』は5月27日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 19日
  5. マイケル・ムーアじゃねーよ!ハリセンボン近藤「公認が欲しい」