シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

阿部サダヲ&瑛太、羽生結弦の演技力にびっくり仰天!

阿部サダヲ&瑛太、羽生結弦の演技力にびっくり仰天!
羽生結弦との共演を振り返った瑛太と阿部サダヲ - 写真:尾藤能暢

 「お上に金を貸し、その利子で町を救おう!」江戸時代の貧乏宿場町に暮らす庶民がひらめいた逆転の発想をもとに、町のため人のため、打ち首覚悟で私財を投げ打つ男たちの奮闘を描いた映画『殿、利息でござる!』で、計画を実現させようと捨て身で奔走する十三郎を演じた阿部サダヲと計画の発案者である篤平治役の瑛太が、“殿様”の伊達重村役で映画初出演を果たしたフィギュアスケーターの羽生結弦との共演について語った。

 当初、殿様のキャスティングは出演者に知らされておらず「羽生さんとわかったときはまさか! と、本当にビックリしました」と阿部が口火を切ると「同時に、ああそうか……としっくりきたんですよね」と瑛太が続ける。撮影現場では「○×さんじゃないか? などとみんなでいろいろな人の名前を挙げて予想していました。でも羽生さんだとわかって、ああ羽生さんだ! と思ったんですよね」と配役の時点で、不思議な説得力があったと振り返る。

 実際に対面したときも瑛太は「僕はそんな、人のオーラが見えたりしないですけど見えましたもんね、ぱ~っと光り輝くものが(笑)。所作と言いますか、動きも容姿にもオーラがありました。あの年齢で世界一ですもんね、お会いできてうれしかったです」と強烈なインパクトだったことを明かす。

 さらにお芝居をしてみて阿部は「もっとスポーツ選手っぽいお芝居をするのかと思ったら、ちゃんと殿様になっていましたよね。なんだろ? と思って。どこかで稽古したわけではなく、自分でつくってきたみたいで。『重村である!』というセリフを聞いたときは、うん重村だ……と思って、ちょっと笑っちゃいました。あまりにハマっていたから」と素人の域を超えた演技に驚いたことを告白する。

 撮影現場では「一緒にお弁当を食べたりしましたが、ずっと質問攻めにしていました、主にきたろうさんから。(モノマネ風に)練習はツラいの? とか(笑)」と阿部をはじめとした共演者との交流もあったようで、瑛太にいたっては「“いつか一緒にスケートをやりましょう”と言ってもらって。2ショットで写メを撮ってもらいました!」とうれしそう。つぎは瑛太&羽生による氷上での共演が実現するかも!?(取材・文/浅見祥子)

映画『殿、利息でござる!』は5月14日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 8日
  5. 阿部サダヲ&瑛太、羽生結弦の演技力にびっくり仰天!