シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

阿部サダヲ&瑛太、羽生結弦の出演知らず本人登場にびっくり

阿部サダヲ&瑛太、羽生結弦の出演知らず本人登場にびっくり
裏話を明かした阿部サダヲと瑛太

 フィギュアスケーターの羽生結弦が映画初出演した『殿、利息でござる!』の公開直前イベントが28日、都内で行われ、主演の阿部サダヲと、瑛太、原作者の磯田道史が出席、本イベントで初公開された羽生のメイキング映像を観ながら、羽生の出演を本人が現れるまで知らなかったというエピソードで会場を沸かせた。

 撮影の裏話の数々を披露した3人。「実は殿役を直前まで知らなかったでござる」というお題のもと、殿役の羽生の登場シーンに話が及ぶと、会場の巨大スクリーンで羽生の撮影風景が紹介され、阿部も瑛太も思わずニヤケ顔でスクリーンに見入った。

 3人とも、羽生の出演を当日現場で知ったといい、メイキング映像には羽生が殿姿で現場に現れるや、一瞬演技することも忘れてポーっと羽生に見入る阿部や瑛太の姿が生々しく映し出されていた。阿部は「この方が出てきて本当にびっくりした」と苦笑いを浮かべると、スクリーンを見つめながら「羽生君、綺麗ですよね~。すごく綺麗ですよ」と恍惚の表情。「出てきた時もアスリートという感じじゃなくて、ちゃんと演技していました」と役者としての資質にも太鼓判で、その後も「羽生君いいな~」と繰り返して会場を笑わせた。

 瑛太も「(羽生君の登場で自分は)全然演技になっていないですね。驚きとうれしさで」と振り返り、「本当にキラキラ光っていました」とため息。撮影後は羽生と一緒に写メも撮ったといい、「その後、羽生君から『今度、一緒にスケートやりましょう』って。なんと返していいかわからなくて、『はい一緒にオリンピック目指します』とわけのわからない返答をしていましたね」とうれしそうに打ち明けた。

 本作は江戸時代に起きた実話をモチーフに、宿場町を救おうと商人・穀田屋十三郎(阿部)と同志が奮闘する姿を描く。羽生の出演については東日本放送の関係者が一肌脱ぎ、羽生の父親に直接相談。宮城出身の羽生親子が「仙台の町のためになるなら」と出演を快諾したというエピソードも紹介された。(取材・文:名鹿祥史)

映画『殿、利息でござる!』は5月14日公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 28日
  5. 阿部サダヲ&瑛太、羽生結弦の出演知らず本人登場にびっくり