シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「プリティ・リトル・ライアーズ」のシェイ・ミッチェルが語るジェニファー・アニストンとの共演は?

「プリティ・リトル・ライアーズ」のシェイ・ミッチェルが語るジェニファー・アニストンとの共演は?
シェイ・ミッチェル

 テレビシリーズ「プリティ・リトル・ライアーズ」で注目された女優シェイ・ミッチェルが、話題作『マザーズ・デイ(原題) / Mother's Day』について、4月28日(現地時間)にニューヨークのAOLで行われたイベントで語った。

 本作は、3人のシングルの女性を描いた群像劇。元夫が再婚することを知った2人の息子を持つシングルマザーのサンディー(ジェニファー・アニストン)、結婚前に実の母親(ジュリア・ロバーツ)に会うことを願うクリスティン(ブリット・ロバートソン)、そしてレズビアンの恋人がいることを両親に伝えることを決意するジェシー(ケイト・ハドソン)の3人が中心となる。シェイは、サンディーの元夫ヘンリーの再婚相手で、サンディーの息子の義母にもなるティナ役に挑戦した。監督は映画『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル。

 シェイは今作が映画初出演だ。「(撮影)初日はとてもナーバスだった。わたしはジュリアやケイトとの共演シーンはないけれど、共演したジェニファーはセットに現れる前からかなり準備をしてきていて、セリフを間違えることもなく、さらに現場で誰もが楽しめる環境作りをしてくれていたわ」と感謝した。コメディー映画の巨匠マーシャル監督とのタッグについては、「よく他の俳優から、ゲイリー・マーシャルの撮影現場は他の監督の撮影現場とは違うと聞いていたの。彼だけでなくスタッフや俳優も自分の家族を撮影現場に呼んでいたりしていて、まるでみんな家族のように撮影していた」と全幅の信頼を寄せていたようだ。

 テレビで活躍中の彼女は、映画撮影に違和感はなかったのか。「全く違う体験だった。『プリティ・リトル・ライアーズ』は7年間同じクルーで、ほぼ同じキャストで撮影してきたから、映画撮影は全く違う感じがしたの。でもわたしは、あまり心地よい環境ではなくても、いつも新たな体験をしたいと思っている」と答えたシェイは、今後は映画界への進出も望んでいるようだ。

 テレビで活躍を続ける彼女は、自身のYouTubeサイトで番組を持っている。「『プリティ・リトル・ライアーズ』以外の別の番組に出演できないから、自身のYouTube番組『Shaycation!』を作ったの。そこでは俳優だけではない、わたしの(クッキーを焼くなどの)別の姿が見られて、わたしが人生を通して得たことや学んだ情報を視聴者と共有しているの」と語った。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 17日
  5. 「プリティ・リトル・ライアーズ」のシェイ・ミッチェルが語るジェニファー・アニストンとの共演は?