シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

『赤い靴』(1948年)監督:マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー 出演:モイラ・シアラー 第45回【名画プレイバック】(1/2)

『赤い靴』(1948年)監督:マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー 出演:モイラ・シアラー 第45回
バレエ映画の名作『赤い靴』 - (C)Eagle-Lion Films Inc. / Photofest / ゲッティイメージズ

 スコットランド出身のバレエ・ダンサー、モイラ・シアラー。1941年にプロデビューし、翌年から現・英国ロイヤル・バレエ団に在籍した彼女の名前を世界的に知らしめたのが、イギリス映画『赤い靴』(1948)への出演だった。品良く可憐な容姿に悲劇的な物語はよくマッチ。何より劇中バレエシーンの美しさ、ホンモノの迫力は、映画史に残る屈指の完成度の高さを誇る。2009年には、同作をリスペクトするマーティン・スコセッシが約2年の歳月をかけてオリジナル・ネガを修復し、デジタルリマスター・エディションが世界初公開されたことでもよく知られているバレエ映画の名作だ。(今祥枝)

 天才的プロデューサーとして名高い、レルモントフ・バレエ団を率いるボリス・レルモントフ(アントン・ウォルブルック)。社交界の令嬢で若く美しいバレエ・ダンサー、ヴィクトリア・“ヴィッキー・ペイジ(モイラ・シアラー)”と、才能あふれる青年作曲家ジュリアン・クラスターという2人の新たな才能を発見し、契約を結ぶ。群舞のダンサーとしてデビューするヴィッキーと、楽長の助手となるクラスター。そんな中、プリマ・バレリーナのイリナ・ボロンスカヤ(リュドミラ・チェリーナ)が結婚すると、恋愛や結婚はバレエには邪魔なだけと考えるレルモントフは首を宣告。新作バレエ「赤い靴」の主役にヴィッキーを大抜擢し、ジュリアンに作曲させることに。過酷な稽古の日々ののち、華々しく初演を迎えた「赤い靴」は大成功を収め、ヴィッキーとジュリアンは一躍世界的に脚光を浴びる存在となった。

 ヴィッキーの名声は天井知らずで、彼女の売り出しに熱中していたレルモントフ。だが、ある晩ヴィッキーとジュリアンの恋愛を知って激怒し、ジュリアンを首にしてしまう。ヴィッキーをバレエに集中させるためだったが、ヴィッキーは愛を選び、退団してジュリアンと共にロンドンへ。絶望するレルモントフ。だが、なんとかヴィッキーを復帰させようと画策し、かつて「踊ることこそ人生の目的」と語っていたヴィッキーの説得に成功する。バレエへの情熱と、ジュリアンへの愛との板挟みとなったヴィッキーは……。

 アンデルセンの童話「赤い靴」をモチーフにした物語。元ネタと同じく悲劇的な結末を迎える本作は、二人の男性、愛と芸術の狭間で無情な綱引きを強いられる、才能あふれる女性ダンサーの苦悩が痛々しくも美しい映像と圧巻のバレエシーンによって、現代のおとぎ話、あるいは寓話的なロマンをかき立てる。非常にわかりやすくバレエの鬼であるレルモントフが芸術至上主義者で、自分と同じ志を持つヴィッキーが恋愛に走るなどあり得ないと愕然とするあたりは、あまりにも鈍感で、その後の言動は傲慢かつ思いやりのかけらもないが、人のタイプとしてはわからないでもない。レルモントフのモデルとされているのは、バレエ・リュスの創設者で芸術プロデューサーのセルゲイ・ディアギレフ。バレエ界の革命児にして巨星ディアギレフは同性愛者で、恋人を一流の芸術に触れさせて教育していくという習慣を持っていた事実は、レルモントフとヴィッキーの関係性に似ている。ただし、映画では最初の段階ではおそらく愛はなかったわけだが、レルモントフが無自覚にヴィッキーを自分のモノだと考えていたことは明らかで、師弟愛と恋愛感情の混同が招く悲劇はいつの時代にもあることのように思う。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 13日
  5. 『赤い靴』(1948年)監督:マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー 出演:モイラ・シアラー 第45回