シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「スキャンダル」のコロンバス・ショート 執行猶予中に薬物

「スキャンダル」のコロンバス・ショート 執行猶予中に薬物
コロンバス・ショート - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 2014年にロサンゼルスのレストランで男性を殴り、執行猶予となっていたテレビドラマ「スキャンダル 託された秘密」のコロンバス・ショートが薬物検査に引っかかったという。

 Access Hollywood などによると、先日行われた薬物検査でコカインとマリファナ使用に陽性反応が出たとのこと。保護観察官は薬物とアルコール依存の治療を受けることを勧め、処分については5月9日(現地時間)に聴聞会が開かれるという。

 コロンバスは暴行罪に不抗争を申し立て、執行猶予3年、60日間の社会奉仕活動、およびアンガーマネージメントのクラスに26回出席するよう言い渡されていた。アンガーマネージメントのクラスは完了しているらしいが、社会奉仕活動はまだ終えていないという。

 「スキャンダル 託された秘密」でハリソンを演じていた彼は、暴行事件のほか、妻へのドメスティック・バイオレンスで接近禁止令と離婚を突き付けられ、プライベートが大荒れしたため、降板させられている。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 12日
  5. 「スキャンダル」のコロンバス・ショート 執行猶予中に薬物