シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

『小さな恋のメロディ』(1971年)監督:ワリス・フセイン 出演:マーク・レスター 第46回【名画プレイバック】(1/3)

『小さな恋のメロディ』(1971年)監督:ワリス・フセイン 出演:マーク・レスター 第46回
映画『小さな恋のメロディ』より - (C)Levitt-Pickman / Photofest / ゲッティイメージズ

 欧米ではほとんど評価されなかったが、日本と南米で大ヒットを記録し、今も根強いファンを持つ局地的名画。それは、1970年代初頭のロンドンに暮らす少年と少女の初恋を描いた『小さな恋のメロディ』(1971)だ。(冨永由紀)

 ロンドン南部にある学校に通う11歳の少年ダニエル・ラティマー(マーク・レスター)と同級生のトム・オーンショー(ジャック・ワイルド)の友情、そしてダニエルと同級生の少女メロディ・パーキンス(トレイシー・ハイド)の純愛を中心に物語は進む。

 前半はダニエルとトムが織りなす男の子の友情物語だ。ダニエルは入団したばかりの少年団でトムと知り合う。制服の着方や大人への受け答えの差から、いかにもナイーブなお坊ちゃま(ダニエル)と生意気な反逆児(トム)というキャラクター、さらには迎えに来たダニエルの母も加わった帰路では少年2人の家庭環境の違いからイギリスの階級社会の有り様が見えてくる。着飾ってコンバーチブルの車に乗る母を持つダニエルは中産階級、彼らに自宅のある場所を偽って車を降り、きれいな建物の裏にある通りのアパートへ帰るトムは労働者階級だ。お小遣いの使い方や放課後の過ごし方も異なる2人だが、なぜか気が合い、親友同士になる。

 少年2人と並行してヒロイン、メロディの日常も描かれる。広場で不要品回収業者と物々交換した金魚を持って歩くシーンをはじめ、登場するどの場面でも彼女はまぶしいほどキュート。彼女の家庭も労働者階級であることは、祖母と両親と暮らすアパートでの生活や、仕事もせずに昼間からパブに入り浸る父親の描写などからもうかがえる。

 男の子ばかりでつるんでいたダニエルとトムだが、校内で偶然、女子が参加するバレエのレッスン場をのぞき見した際に、ダニエルは踊っているメロディにすっかり心を奪われてしまう。この典型的な見初めのシーンはメロディの愛らしさ、見とれるダニエルの表情が秀逸だ。これが映画デビューのハイドと、すでに名子役とし活躍していたレスターという組み合わせの妙が功を奏している。

 運命的な出会い以来、トムが話しかけてもダニエルは生返事を繰り返し、校内でメロディの姿を目で追い続けるようになる。やがて2人は音楽室での偶然の再会や、学校主催のダンス・パーティなどを通じて急速に親しくなっていく。友達になりたての頃は自分の関心を引こうと必死だったダニエルの豹変に、ショックを隠せないトムの表情が切ない。トムを演じたワイルドは体格的に他キャストと大差はないが、実は撮影時は17歳。ぼろアパートで祖父の世話をしながら暮らす複雑な境遇の少年を見事に演じている。公開当時の本国イギリスでは、1968年の第41回アカデミー賞で作品賞、監督賞など6部門に輝いたミュージカル映画『オリバー!』で共演して人気を博したレスターとワイルドの再共演作というのがセールスポイントであり、製作資金の調達に大いに貢献したという。気心の知れた2人の演技はごく自然で、じゃれ合う場面などはほとんどアドリブのように見える。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 20日
  5. 『小さな恋のメロディ』(1971年)監督:ワリス・フセイン 出演:マーク・レスター 第46回