シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

山本美月、ホラー映画撮影で笑いが止まらず“ハイ”に!

山本美月、ホラー映画撮影で笑いが止まらず“ハイ”に!
ホラー撮影中に笑いが止まらなかった!? 山本美月

 女優でモデルの山本美月が23日、都内で行われた映画『貞子vs伽椰子』完成記念イベントに出席し、撮影中に“ハイ”になってしまい笑いが止まらなかったことを明かした。イベントには共演の玉城ティナ、佐津川愛美、白石晃士監督も登壇した。

 本作は、ジャパニーズホラーの2大巨頭である『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子の直接対決を描く最恐ホラー。“呪いのビデオ”を入手したために貞子の標的となる倉橋有里を山本が、“呪いの家”の魔力に囚われ、伽椰子と俊雄の母子霊に脅かされる高木鈴花を玉城が演じる。

 もともとホラーが好きで、本作のオファーを受けて「ラッキー」と思ったという山本は、楽しんで撮影に臨んだよう。役についても「(演者を想定して脚本を書く)当て書きをしてくださったんですけど、本当に性格のいい役だったので、こんなに性格がよく見えているんだと思ってすごく嬉しかった」とにっこり。役作りとして特別なことはせず、「(親友役の)佐津川さんにずっとベタベタくっついてしゃべっていました」と打ち明けると、佐津川は「妙に懐かれてるなぁと思った」と振り返りつつ、「(わたしが)年上なのでお姉ちゃんみたいな感じで接してくれて、最初は戸惑ったんですけど嬉しかったです」と笑顔を見せた。

 一方、ホラー映画初挑戦の玉城は普段から大きい声を出さないため、最初は叫ぶことに不安があったとか。しかし、いろいろ勉強したそうで、「意外と叫べました」と自信をのぞかせる。そんな玉城と過呼吸になったかのように叫んだという山本は、「途中からおかしくなって、何が面白いのかわからないくらいすごい笑っていた」とぶっちゃけ。玉城も「すごいハイテンションになっちゃった」と同調した。

 この日は、主題歌「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」を担当したヘビーメタルバンド聖飢魔IIのデーモン閣下がスペシャルゲストとして現れ、貞子、伽椰子、俊雄を召喚する演出も。主題歌担当のオファーを受けてから20日後の締め切りに合わせて急ピッチで楽曲を作り上げたというデーモンは、制作サイドから「貞子と伽椰子、バランスよく。これだけは気を付けてくれ」とリクエストを受けたことを明かす。仕上がりは調和がとれており、評判も上々。山本も「(映画に)合うのかな? と思っていたんですけど、はまるんですよね。盛り上がります」と太鼓判を押した。(取材/錦怜那)

映画『貞子vs伽椰子』は6月18日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 23日
  5. 山本美月、ホラー映画撮影で笑いが止まらず“ハイ”に!