シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

『グランド・ホテル』(1932年)監督:エドマンド・グールディング 出演:グレタ・ガルボ 第47回【名画プレイバック】(1/3)

『グランド・ホテル』(1932年)監督:エドマンド・グールディング 出演:グレタ・ガルボ 第47回
映画『グランド・ホテル』より 中央のシルクハットの帽子をかぶった男性がクリンゲライン(ライオネル・バリモア)、その右隣がフレムヘン(ジョーン・クロフォード) - (C)MGM / Photofest / ゲッティイメージズ

 ある一つの場所にさまざまな人々が集い、各々の人間模様を同時進行で描く。群像劇、アンサンブルキャストと呼ばれる映画や演劇などで用いられるこの表現技法は、グランド・ホテル形式と呼ばれている。この手法の由来となっているのが、第5回アカデミー賞で作品賞を受賞した『グランド・ホテル』(1932)だ。(今祥枝)

 場所はベルリンの超一流の“グランド・ホテル”。主な登場人物は、高名なバレリーナだったが今は人気に陰りのあるグルシンスカヤ(グレタ・ガルボ)、実は借金苦で切羽詰まっている自称・男爵フォン・ガイゲルン(ジョン・バリモア)、大企業の社長で合併によって会社の危機を脱しようと画策しているプレイシング(ウォーレス・ビアリー)と、彼に雇われた魅力的な秘書フレムヘン(ジョーン・クロフォード)、そしてプレイシングの会社の経理係だったが病気を患い、貯金をはたいて一生に一度の記念に贅沢をするためホテルに泊まりに来たクリンゲライン(ライオネル・バリモア)の5人の宿泊客だ。

 男爵は借金返済のためにグルシンスカヤの宝石を盗もうとするが、偶然居合わせた彼女と本気で恋に落ちてしまう。同時に、男爵とクリンゲラインはひょんなことから言葉を交わし、不思議な友情で結ばれることに。一方、プレイシングは秘書に色目を使い、フレムヘンは男爵に思いを寄せる。そのフレムヘンは男爵を通じてクリンゲラインとも親しくなっていく。各々が抱える問題を描きながら、複数のエピソードがバトンをリレーするかのように次々と展開し、最後には円を描くように物語が一つの帰着点を見る。

 この円を描くようなイメージは、ホテルの回転扉や上階からロビーを眺めるとぐるぐると渦巻いている階段、劇伴のワルツなど、劇中随所で象徴的に使われており興味深い。例えば、冒頭と最後にも登場するホテルの回転扉。くるくると回る回転扉をくぐって、日々さまざまな人々がホテルを出入りする。電話交換手が忙しく応対し、受付でチェックインをしたり、ホテルの従業員が応対する様子が描かれる冒頭のシークエンスは、非常に華やいだ雰囲気で、戦争の足音などといった不穏な空気は一切ない。映画でこれから何が起こるんだろうという期待感は、現実に旅行でホテルに泊まる際に感じる高揚感のようなものに通じるかもしれない。カメラはロビーを行き来する人々をぐるっと映し出しながら、5人の登場人物を順番に観客に紹介していく。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 27日
  5. 『グランド・ホテル』(1932年)監督:エドマンド・グールディング 出演:グレタ・ガルボ 第47回