シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

山崎賢人、「初めてが菜々緒さんで良かった」

山崎賢人、「初めてが菜々緒さんで良かった」
舞台あいさつに出席した山崎賢人

 俳優の山崎賢人が28日、都内で行われた映画『オオカミ少女と黒王子』の初日舞台あいさつに二階堂ふみ、菜々緒らと共に出席。劇中での“初体験”を振り返り、「初めてが菜々緒さんで良かった」と安堵の声を漏らした。

 本作は、累計発行部数550万部を突破した人気コミックの実写映画化。彼氏がいないのにいると嘘をついてしまったオオカミ少女・エリカ(二階堂)と、そんな彼女の彼氏役を“絶対服従”を条件に引き受ける最強ドSな黒王子・恭也(山崎)。二人の嘘から始まる本気の恋が胸キュンシーン満載で描かれる。

 菜々緒は恭也の姉で超ドSな怜香を演じており、劇中で恭也をビンタするシーンについて、「わたし、お芝居でビンタするのは初めてだったんですね」と吐露。まるでプライベートでは何度もビンタしているような口ぶりに、MCから「お芝居では?」とツッコまれると「あぁすいません、あぁミスした……」と失笑しうつむくが、続けて「お芝居でも?」と聞き返されても「いや、お芝居では」と断言し、ドSっぷりを発揮した。

 さらに、「役者の顔をビンタするのはわたしでも気が引けるので、マネージャーさんに練習させていただいて本番に臨ませていただきました」と衝撃エピソードもさらりと言ってのける菜々緒。その甲斐あってか、本番は1発OKだったが、カメラワークの都合で山崎を2回ビンタしたという。

 それに対して「ごめんね」と謝る菜々緒に、山崎は「大丈夫です。痛きもちかったです」とにっこり。加えて「僕もお芝居でビンタされたのは初めてだったんですけど、初めてが菜々緒さんで良かったです」とポロリ。恭也とは真逆のドMのような発言に会場はざわめくが、山崎は「違います。ドN(ノーマル)です」と力強く訴えていた。

 この日は鈴木伸之、門脇麦、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、廣木隆一監督も登壇した。(取材/錦怜那)

映画『オオカミ少女と黒王子』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 28日
  5. 山崎賢人、「初めてが菜々緒さんで良かった」