シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジェイソン・ステイサム、殺し屋として世界を飛び回る

ジェイソン・ステイサム、殺し屋として世界を飛び回る
文句無しの男らしさを醸し出すジェイソン・ステイサム

 ジェイソン・ステイサムが、精密機器のように証拠を残さない完璧な仕事ぶりから「メカニック」と呼ばれる殺し屋を演じた映画の続編、『メカニック:ワールドミッション』の日本公開が発表された。本作ではタイトルの通り、リオ・デ・ジャネイロ、バンコク、シドニー、ヴァルナなどを舞台にアクションスター・ステイサムの活躍が描かれる。

 『トランスポーター』シリーズを大ヒットに導き、『エクスペンダブルズ』ではシルヴェスター・スタローン、ブルース・ウィリスといった名だたるスター達と共演していたステイサム。アクション映画界で確固たる地位を築いており、文句無しの男らしさで多くのファンを魅了している。

 2011年にスマッシュヒットを記録した『メカニック』の続編である本作は、ロケ地が「ワールドワイド」に広がっただけでなく、キャストもグレードアップ。日本では地球調査中の宇宙人として認識されているトミー・リー・ジョーンズ、トップ女優でありながら駆け出しの撮影スタッフと結婚して世の男性に夢を与えたジェシカ・アルバ、『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』でビルマ語を完全習得してアウンサンスーチーになりきった『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』のボンドガールでもあるミシェル・ヨーらが脇を固めている。

 心理スリラー『ウェイヴ』で注目を浴びたドイツの俊英デニス・ガンゼルがメガホンを取った本作。殺し屋稼業をやめて平穏に暮らしていたビショップ(ステイサム)のもとに、暗殺者として一緒に育てられたがビショップを裏切って逃げた兄弟子のクレインから暗殺依頼が入る。もちろん断るビショップだったが、罪のない女を人質にとられてやむなく復帰。依頼内容は完全な事故に見せかけて、世界を操る武器商人たちを殺すことだった。任務に身を投じていくうちに、失敗、成功に関わらず自分も女も消されることに気づくビショップ。難関ミッションの行方、そして世界でただ一人「メカニック」の弱点を知っていると言われるクレインの真の目的とは……。(編集部・海江田宗)

映画『メカニック:ワールドミッション』は9月24日より新宿バルト9ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 27日
  5. ジェイソン・ステイサム、殺し屋として世界を飛び回る