シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

『ダウンタウン物語』(1976年)監督:アラン・パーカー 出演:スコット・バイオ、ジョディ・フォスター 第48回【名画プレイバック】(1/3)

『ダウンタウン物語』(1976年)監督:アラン・パーカー 出演:スコット・バイオ、ジョディ・フォスター 第48回
当時12歳だったジョディ・フォスターの歌唱シーンも必見! - (C)Paramount Pictures / Photofest / ゲッティイメージズ

 11歳の少年と少女の初恋を描く『小さな恋のメロディ』(1971)の脚本を手がけてから5年後、アラン・パーカーが長編映画監督デビューを飾った『ダウンタウン物語』(1976)は1920年代のニューヨークを舞台にしたギャングの抗争劇にしてミュージカル。しかもキャストは全員16歳以下の子どもたちという趣向で、撮影当時12歳だったジョディ・フォスターが妖艶な歌姫を演じている。(冨永由紀)

 ハリウッド全盛期の二大ジャンル、ミュージカルとギャング映画をパロディに脚本を執筆していたパーカーは四児の父で、長男から「主人公たちを子どもにしたら?」と言われて、全員子役というキャスティングを思いついたという。まだあどけなさを残したローティーンたちが三つ揃いのスーツに中折れ帽、メイクやヘアスタイルも完ぺきに仕上げてセクシーなドレスを着て、洒落た台詞を口にする。それだけで面白く、ストーリーを追うよりも子どもたちの奮闘を楽しむのが正解な作品だ。

 ストーリーはいたってシンプル。禁酒法時代、書店のバックヤードで闇酒場を経営しているイタリア系の太っちょサムの一派は、敵対するダンディー・ダンの一味としのぎを削っていたが、ダンたちは新型武器「漆喰銃」を入手して優勢に立ちつつある。手元にある武器は旧式のパイ(フィリングにクリームがたっぷり)、それに頼りない子分ばかりで頭を悩ませるサムは、知り合いの文無しボクシング・プロモーターのバグジー・マローンを雇って敵を迎え撃つ算段を進め、その合間に酒場の歌姫・タルーラ(フォスター)や、歌手やダンサーを夢見て闇酒場で働く男女の人間模様も描く。

 原題『Bugsy Malone』のタイトルロールで主人公のバグジー・マローンを演じるのはスコット・バイオ。大きな瞳が魅力的な二枚目を演じる彼と、まるでちびっ子版トニー・ソプラノ(テレビシリーズ『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』の主人公)のような太っちょサムを演じるジョン・カッシーシは共にニューヨーク出身で、本場仕込みのイキのいい芝居を見せる。特に、荒っぽいが愛すべきボスを愛嬌たっぷりに演じたカッシーシは、これが初めての演技だとは思えないなりきりぶりだ。後年、当時を振り返ったドキュメンタリーに出演した2人はそろって、「あれは演技というより素のままだった」と語っている。ニューヨークのストリートで育ったイタリア系の彼らは周囲の大人たちを自然に真似ていたのだろう。一方でカッシーシはパーカーの書いた台詞のいくつかは「いかにもイギリス人が想像で書いているといった感で、実際はあんな話し方はしない」と指摘しているが、その台詞を見事に自分のものにして演じていたのだから、大したものだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 3日
  5. 『ダウンタウン物語』(1976年)監督:アラン・パーカー 出演:スコット・バイオ、ジョディ・フォスター 第48回