シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

動画マーケティングに関する研究所が発足 企業活動の発展と映像文化貢献を目指す

動画マーケティングに関する研究所が発足 企業活動の発展と映像文化貢献を目指す
「Branded Movie Lab.」を立ち上げた別所哲也と金澤大輔氏

 国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」を運営するパシフィックボイスが、インターネットマーケティング事業を行うオプトと共同で、動画による企業のブランド価値向上を追求する研究所「Branded Movie Lab.」を設立し、7日都内で発表会が行われた。

 企業活動の発展と映像文化貢献のために設立された「Branded Movie Lab.」が、「コンテンツ自体が魅力・価値を持ち、オーディエンスとの繋がりを生むブランドのメッセージがあるもの」と位置づけするブランデッドムービー。近年、企業のマーケティング活動における重要なツールとして注目されており、同研究所は、より効果的なムービーがどのようなものかを分析・研究し、そのノウハウや情報を発信していく。

 オプト代表取締役社長の金澤大輔氏は、「Branded Movie Lab.」について「どういったコンテンツを提供しメッセージを届けたらユーザーの心が動くか、企業の伝えたいことがきちんと把握されるか、そういったことをデータをもとに可視化しながら、マーケティングとクリエイティブの融合を実現していきたい」とコメント。

 また、パシフィックボイスの代表取締役社長を務める俳優の別所哲也も「どういった企業からメッセージ発信をするのか、あるいはクリエイターがアーティスティックにエンターテインメントコンテンツとして何を物語るのか、物づくりと物語、そして企業が発信したい物語をつなぐ研究機関として、今日からスタートということになります」と力を込めてアピールした。

 TVCMとは異なり、YouTubeなどの動画共有サイトやソーシャルメディアなどで拡散されるブランデッドムービーの例として発表会では、ネット上で話題を集めたタカラトミーの人生ゲーム『人生に驚きと歓びを』篇や、大森南朋・神木隆之介・高畑充希が出演した三井不動産レジデンシャルのWEB動画『タイムスリップ!堀部安兵衛』などの事例を挙げ、ユーザーに効果的に届ける方法や今後の可能性が紹介されていた。(取材・文:中村好伸)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 8日
  5. 動画マーケティングに関する研究所が発足 企業活動の発展と映像文化貢献を目指す