シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ぜったいムリある…藤原竜也のエイリアン対処法

ぜったいムリある…藤原竜也のエイリアン対処法
宇宙の話に夢中だった藤原竜也

 俳優の藤原竜也が9日、都内で行われた映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』アフレコイベントに出席。宇宙や地球外生命体といった未知の世界に憧れる藤原は「休憩中だと思って聞いて」と報道陣に耳を傾けるよう促し、雑談トークを繰り広げた。

 子供の頃から今でも「UFO見れないかな?」「果てしなく広がる空間で何かあるんじゃないかな」とワクワクしながら空を見上げているという藤原は、この日も宇宙トークが始まると冗舌になり、「こんな話で大丈夫?」と心配しつつも「休憩中だと思って聞いて」と呼び掛け。そして、「(出身地)埼玉の秩父から隣町に行くときに空飛ぶ円盤が必ず止まっている道があった」「先日、(車を運転中に)川崎の上空に銀色に光る物体が停止していた」と不思議体験を告白。

 ところが一方は「近所の人たちが趣味で作ったプレハブ小屋が円盤のように見えていただけで、夢は打ち砕かれた」とがっかり。もう一方も、駐車場に車を止めて猛ダッシュで戻った頃には「何もなかった」と渋い顔。結局、これまでにそういった類のものを見たことはないのだとか。

 本作は、ウィル・スミスが主演を務めたSF大作『インデペンデンス・デイ』(1996)の続編。前作の戦いから20年、完璧な地球防衛システムを構築した人類の前に、想像を絶する巨大さと破壊力をもって再び宇宙から現れた侵略者たちとの史上最大の決戦を描く。

 藤原は、エイリアンに立ち向かう勇敢なパイロットの主人公ジェイク・モリソン(リアム・ヘムズワース)の声を務めるが、「もし、(劇中と)同じように数日で宇宙船に(地球が)乗っ取られるとしたら、僕は潔く(その時を)待ってます」と、役とは真逆の傍観の姿勢をとることを宣言。続けて「各国に任せますよ。アメリカどうした? 日本はどうする? ってテレビつけるしかないでしょう。誰も僕に(地球の命運を)託さないでしょう」と訴えた。

 また、実際にエイリアンに遭遇した際には「まず、物陰から『何もしない?』って聞いて、反応がなければ出ていきます。(攻撃されそうで)無理だと思ったら帰ります」とムリのありそうな対処法を明かし、ビビリな一面ものぞかせる。さらに、宇宙旅行については「これだけ話しておいてアレですけど……行かないですね」と苦笑い。「それよりはこういう良い作品を体験する方が楽しめます」と話し、笑いを誘った。(取材/錦怜那)

映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は7月9日よりTOHOシネマズスカラ座ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 9日
  5. ぜったいムリある…藤原竜也のエイリアン対処法