シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

『M』(1931年)監督:フリッツ・ラング 出演:ピーター・ローレ 第49回【名画プレイバック】(1/3)

『M』(1931年)監督:フリッツ・ラング 出演:ピーター・ローレ 第49回
サイコスリラーの元祖とも称される巨匠フリッツ・ラングの名作『M』 - (C)Foremco Pictures Corp./Paramount Pictures

 SF映画の古典的名作『メトロポリス』(1927)などで知られる、オーストリア出身の才人・フリッツ・ラング。実在の殺人鬼をモチーフにした『M』(1931)は、ラング初のトーキー作品にしてサイコスリラーの元祖とも称されるドイツ映画。とても85年も昔の作品とは思えない現代的な面白さに、冒頭からがっつりと引き込まれる映画黎明期の傑作だ。(文・今祥枝)

 1920年代に、ドイツを震撼させた連続殺人鬼“デュッセルドルフの吸血鬼”と呼ばれたペーター・キュルテンをモチーフにした本作。幼い少女が次々と惨殺される事件が発生し、警察の懸命な捜査も虚しく犯人は見つからない。そんな中、犯人は直筆の手紙を新聞社に送りつけるという大胆な行動に出る。掲載された文面は市民を恐怖に陥れると同時に、無能をさらした形となった警察は躍起となって取り締まりを強化。市民は連続殺人鬼の恐怖と警察の締め付けにびくびくしながら生活することに……。一方、商売に支障をきたすと不満を募らせた暗黒街のボスたちは、浮浪者から娼婦をも使って組織的に独自の調査を展開する。一方、警察も手紙の筆跡からプロファイリングを行い、犯人像へと迫っていく。

 冒頭、子供たちが輪になって遊んでいるシーンが俯瞰で映し出される。真ん中にいる少女が、「ちょっと待って あと少しだよ もうすぐ黒衣の男がやってきて よく切れる大きな肉切り包丁でお前をひき肉にするのさ」と歌い、輪の中の一人を指差す。無邪気に歌いながら遊ぶ子供たちの姿に胸がざわざわとし、不吉な歌詞の内容も示唆的で深読みしたくなる。日本の「かごめかごめ」などもどこか不気味だといつも思うのだが、こうした遊び歌に、何とも言えない不穏さがあるのは、万国共通なのだろうか。

 場面は切り替わり、学校帰りの少女エルジーがぽんぽんとボールをつきながら歩いて、ボールを柱にぶつける。そこには、殺人鬼に高額の賞金がかけられていることを知らせる張り紙が。少女が見上げていると、その張り紙に帽子をかぶった男の横顔が黒いシルエットで映し出される。これまた不気味。続けて、風船を買ってもらう少女の姿を俯瞰で映し、買ってあげた男の顔は見えないが、エドヴァルド・グリーグ作曲の劇音楽「ペール・ギュント」第1組曲の中の「山の魔王の宮殿にて」を口笛で軽快に吹いている。本作にBGMはないのだが、だからこそ繰り返し登場する、犯人と思われる男が吹くこの旋律は耳に残り、この旋律を聞くたびにゾっとさせられる。残念ながらこの少女は8人目の犠牲者となってしまうのだが、号外に街中が恐怖に陥るまでの一連のシークエンスは、実に手際よく鮮やか。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 10日
  5. 『M』(1931年)監督:フリッツ・ラング 出演:ピーター・ローレ 第49回