シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

森田剛、10分に1回“壁ドン”映画に挑戦!?

森田剛、10分に1回“壁ドン”映画に挑戦!?
森田剛“壁ドン”に挑戦!? 写真は登壇した吉田恵輔監督&濱田岳

 V6の森田剛が11日、都内で行われた映画『ヒメアノ~ル』大ヒット御礼舞台あいさつに吉田恵輔監督と共に登場し、次回作は“壁ドン”映画を作りたいと吉田監督からラブコールを受けると、渋々ながらも了承し、ファンから歓声を浴びた。この日は、共演の濱田岳も出席した。

 本作は、人気漫画家・古谷実の同名ベストセラーコミックを実写化したバイオレンス映画。清掃会社で働く岡田(濱田)の平凡な日常と、人間をターゲット“餌”としか思わない連続殺人鬼・森田(森田)の無機質な日々をコメディータッチで描く。高校の同級生だった二人が再会したとき、物語は危険に絡み合い、驚愕のエンディングに向けて疾走する。

 撮影現場では吉田監督が「俺、マジでノッてるから!」と言い続けるほど、ハイテンションで撮影に臨んだそう。その気概は作品に十分に現れており、公開館数が全国で86館と小規模ながらも鑑賞後の満足度が高く、リピーターも続出するなどの大反響。単独での映画初主演でサイコキラーという難役に挑戦した森田も「自信を持って皆様に観ていただきたい」と力を込め、集まった約500人の観客から大きな拍手をもらった。

 「まだまだ(結果を)のばしていきたい」と欲張る吉田監督だが、ここまでの成功を見せられると、さらなる記録はもちろん、今後の森田との再タッグにも期待が高まる。吉田監督は「森田くんが一番嫌がりそうな壁ドン」を盛り込んだ映画を撮りたいそうで、「森田君がゾッとするようなセリフをいっぱい書きたい(言わせたい)」と吐露。これについては以前から言われているようで、森田は「いじめだよ」と苦笑い。しかし、「ご一緒できるなら何でも」という思いがある森田は、「壁ドンはどうなんだろう……いや、できないな。ひざが笑っちゃいそう」と言いつつも、「監督にはどんどん撮ってほしいです」と明言。MCから「じゃあ壁ドンシーン満載でもお受けする?」と尋ねられると、「そうですね。はい」と男らしくキッパリ了承した。それを聞いた吉田監督は、「10分に1回は壁ドンしよう。手あたり次第壁ドンするっていうね」と目を光らせ、森田を困らせていた。(取材/錦怜那)

映画『ヒメアノ~ル』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 11日
  5. 森田剛、10分に1回“壁ドン”映画に挑戦!?