シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

有村架純にラブコール!『ストロボ』廣木監督

有村架純にラブコール!『ストロボ』廣木監督
「今のままで」とリクエスト受ける有村架純

 女優の有村架純が11日、新宿シネマカリテで行われた映画『夏美のホタル』初日舞台あいさつに出席し、『ストロボ・エッジ』以来のタッグとなった廣木隆一監督から「今のままで」との言葉を贈られつつ、今後のタッグについてもラブコールを受けた。この日は、有村と廣木監督に加え、工藤阿須加、光石研、吉行和子、そして原作者の森沢明夫も登壇した。

 『ストロボ・エッジ』の有村と廣木監督が再びタッグを組んだ本作は、将来に不安を抱える主人公が、父との思い出の場所に向かい、そこで出会った人々との交わりから、新たな道を歩み始める姿を描きだす感動作。この日のチケットはあっという間に売り切れとなり、満員の観客の前に立った有村は、「朝から優しい気持ちになれましたか?」と笑顔であいさつ。さらに「この作品はそれほど大きな作品ではないですけど、こういう会場がすごく合う作品だと思います」と会場に呼びかけた。

 「次世代へと思いをつなぐ」という本作のテーマにちなみ、この日は“人生の先輩たち”から、若い世代の有村と工藤に向けてメッセージが送られることとなった。森沢からの「本を読みなさい」というメッセージに続き、廣木監督からは「メッセージじゃないけど、今のままで続けてください。監督は僕で」という言葉を受けた有村は、「監督とは、名古屋からの帰りの新幹線でずっとしゃべり倒したことがあります。監督の考えていることは勉強になるので、これからもいろんなことを教えていただきたいですね」と笑顔を見せた。

 一方、光石は「ご覧のように工藤君は芯からマジメな方。でもこのマジメさは簡単に作ることができなくて。ふざけたヤツがマジメにやってもすぐにメッキがはがれてしまう。そのマジメさはかけがえのないもの。そうやって俳優生活を続けていただければ。それと父親役には光石研をお願いします」と冗談を交えながらエールを送る。
 
 さらに吉行が「二人ともとても新鮮でいいですね。この新鮮さをずっと持って、かつ、うんと冒険をして。いろんな役をたくましくやっていただきたいと思います」と続けると、有村は「直接こうやって言葉をいただく機会がないので、今日はすごくうれしいです。現場で光石さんたちの芝居を、メモを取るくらいに食いつきながら見ていましたけど、その場の空気を巻き込む力がすごくある方たちなので、自分もそうなれるように勉強していきたいなと思います」と決意を語った。(取材・文:壬生智裕)

映画『夏美のホタル』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 11日
  5. 有村架純にラブコール!『ストロボ』廣木監督