シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

佐々木蔵之介、同性愛者役にどんどん気持ちが入っていく…

佐々木蔵之介、同性愛者役にどんどん気持ちが入っていく…
北村有起哉のだらしなさも愛おしいと語る佐々木蔵之介

 俳優の佐々木蔵之介が14日、都内で行われた主演舞台「BENT」の合同取材会に出席し、同席した北村有起哉と恋愛関係に陥る役どころについて、どんどん気持ちが入っていく自分がいると明かした。

 本作は、第二次世界大戦下のドイツを舞台に、セクシャルマイノリティーの人々が受けた想像を絶する弾圧と、その中で育まれる究極の愛を描いた問題作。この日のイベントには演出の森新太郎と、ゲストMCとしてミッツ・マングローブも出席した。

 佐々木が同性愛の役に興味を持っていることをたまたま知った森が、本舞台のオファーを出したという。佐々木は台本を読み「ダメ。無理」と当初は不安に思ったそうだが、「僕に表現できるかなって。でも同性愛を描いた作品でこれこそまさにストレートな愛の物語。演劇の醍醐味だと思った。ちょっと挑戦してみようかなって」と経緯を語った。

 本作を通して、佐々木は「デビュー作から彼(北村)の芝居を観ていて、これまでは果敢に挑戦していく姿をかっこいいなと思っていた。よく酒飲むなぁとか、稽古着散らかしているなぁとか、彼のことはよく見ていたんですけど、それまでは愛おしさはまったく感じたことがなかった。今回はそのだらしなさが愛おしく思えてきた。すごいですね。女優さんに対しては引いて見るので、そういう感情はあまりないのに」としみじみ。「北村さんが稽古場で裸足に雪駄をはいているんですけど、それすら愛おしく思えてきた」と続けた。

 さらに佐々木は、北村の「声が好きですね」といい、「キスシーンもあるんですけど、異性より気を遣う」と心境を吐露。北村のほうは劇中、エアーセックスのシーンがあるといい「見どころです」と強調し、「これ癖になったら大変」とにこやかに話していた。「終わる頃には(本当に恋愛関係に陥ることが)ないとは言い切れないね」と話して会場の笑いを誘っていた。(取材・文:名鹿祥史)

舞台「BENT」は7月9日から24日まで世田谷パブリックシアターにて上演


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 14日
  5. 佐々木蔵之介、同性愛者役にどんどん気持ちが入っていく…