シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

水泳メダリスト田中雅美、初声優で一言に10回以上挑戦

水泳メダリスト田中雅美、初声優で一言に10回以上挑戦
陸が苦手な田中雅美。水泳選手、美人多し!

 映画『ファインディング・ニモ』の続編『ファインディング・ドリー』の日本最速スペシャル・プレビューイベントが17日にTOHOシネマズ日本橋で行われ、シドニーオリンピック水泳銅メダリストの田中雅美が登場した。本作で声優に初挑戦している田中は、一言の台詞に10回以上挑戦したことを明かした。

 本作を見て、「オリンピックに向かう自分を思い出しました」という田中。「くじけそうな時の方が多い中で、仲間に支えられて立てた舞台がオリンピックだった」としみじみ話すと、同世代で共にオリンピックの舞台に立った岩崎恭子について、「恭子ちゃんにもすごく支えられました。会場で『雅美ちゃんならできるから』って声をかけてもらったり」と感慨深げな表情を見せる。

 一方、「わたしは陸が苦手」とも話し、「陸の運動はまったく苦手。オリンピック選手は何でもできると思われがちなんですけど、バランス感覚は悪いし足も遅くて歌も下手っていう……。きっとみなさんのほうが陸は得意だと思います」と苦笑い。水泳選手は陸で転びやすいなど、他の選手も陸を苦手にしているといい、「水泳選手のあるあるです」と話して会場を笑わせた。

 本作ではマカジキ役で声優に初挑戦している田中は、「お話をいただいたときは驚きと喜びでいっぱい。まさかピクサーの作品に参加させてもらえるなんてと思いました」と心境を明かし、「台詞は一言でしたが、10回以上挑戦させてもらって、ニュアンスとかトーンとか、いろいろとみなさんに指導いただきました。貴重な経験ができました」と振り返った。

 同作はニモたちカクレクマノミの親子の冒険を描いた『ファインディング・ニモ』の続編で、忘れんぼうのナンヨウハギ・ドリーが主人公。ドリーの家族を探すために海の仲間が再集結し、ドリーの幼少期の秘密を解く鍵を求めて人間の世界に繰り出す大冒険が描かれている。(取材・文:名鹿祥史)

映画『ファインディング・ドリー』は7月16日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 17日
  5. 水泳メダリスト田中雅美、初声優で一言に10回以上挑戦