シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アリス女優、ミア・ワシコウスカが日本のお茶会にカンゲキ!約6年ぶり来日

アリス女優、ミア・ワシコウスカが日本のお茶会にカンゲキ!約6年ぶり来日
日本のお茶会に興味津々!

 映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』でアリスを演じた女優ミア・ワシコウスカが20日、都内で行われた同作の来日記者会見にジェームズ・ボビン監督、スザンヌ・トッド(プロデューサー)と出席、会見は映画のティーパーティーにちなんで日本のお茶会をイメージした華やかな会場で行われ、ミアは着席するなりお菓子を食べたりカップを手に取ったりしながら「本当に美しくて、ディティールが素晴らしいです」と楽しそうな笑顔を浮かべた。

 同作は「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をモチーフにした前作の続編。帰らぬ家族をひたすら待っているマッドハッター(ジョニー・デップ)を救うべく、アリス(ミア)が時間の番人タイム(サシャ・バロン・コーエン)と対峙する姿を描く。

 前作のプロモーションから約6年3か月ぶりに来日し、赤いドレスで手を振りながら登場したミア。映画について「冒頭は自分の過去を変えようとしていますが、タイムとのやり取りの中でその瞬間に生きるためには過去を受け入れていくこと、自分が誰であるかという強い思いや自分の周りにいる大切な人を思う気持ちと共に未来に向かうことを学びます」と込められたメッセージをアピール。

 記者から「自身が過去から学んだ経験は?」と聞かれた際には「自分にとって良いものではなくても学べることはありますし、そこに意味を見出すことができます」とどんな経験でも糧にできると話し、「そこから自分自身についても学ぶことができますので、嬉しくなかったことでもポジティブに捉えて未来につなげることができるのは、すてきなことだと思っています」と前向きに語った。

 また、前作ではほぼ無名ながらアリス役に大抜てきされ、本作では前作から3年後という設定で成長したアリスを演じたミア。アリスと自身の成長には「1作目はアリスが自分自身を見つける旅だったと思いますが、本作ではいろいろな経験を重ねてきて自信もあります。わたし自身も1本目に携わることができていろいろ学びましたので、アリスの道のりとわたしの道のりがかぶっていたことは、今回の演技にもとても役立ちました」と自分自身と重ね合わせた思いを明かした。(取材・文:中村好伸)

映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は7月1日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 20日
  5. アリス女優、ミア・ワシコウスカが日本のお茶会にカンゲキ!約6年ぶり来日