シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

『巴里のアメリカ人』(1951年)監督:ヴィンセント・ミネリ 出演:ジーン・ケリー 第51回【名画プレイバック】(1/6)

『巴里のアメリカ人』(1951年)監督:ヴィンセント・ミネリ 出演:ジーン・ケリー 第51回
ジーン・ケリーの鮮やかなステップに魅了される『巴里のアメリカ人』 - (C)MGM / Photofest / ゲッティイメージズ

 1950年代、ハリウッド黄金期に最盛期を迎えたMGMのミュージカル。当時、トップスターとして名声は最高潮を極めていたジーン・ケリーの、ミュージカル映画史上に燦然と輝く『雨に唄えば』(1952)と並ぶ傑作とされているのが『巴里のアメリカ人』(1951)だ。(文・今祥枝)

 戦後、一人前の絵描きとして生計を立てるべく、パリにとどまったアメリカ人ジェリー(ジーン・ケリー)。ある日、同じアパートに住む浪人中のピアニストの友人アダム(オスカー・レヴァント)の友人で、有名な歌手アンリ(ジョルジュ・ゲタリ)と知り合い仲良くなる。一方、ジェリーは金持ちのミロ(ニナ・フォック)から支援者になると持ちかけられ、一緒にキャバレーに行った際に、愛らしいパリ娘リズ(レスリー・キャロン)に一目惚れ。謎の多いリズだが、2人はまもなく愛し合うようになる。だが、リズはアンリと内々に婚約していることを隠しており、戦争中に両親を亡くした自分を助けてくれたアンリに、深く恩義を感じており裏切れない。やがて事実を知った失意のジェリーとリズ、そしてアンリとジェリーに好意を抱くミロのもつれた関係は……。

 物語は、なかなかに切ない恋愛模様でもあり、単純なボーイミーツガールもの、愉快で楽しいだけのミュージカルといったノリとは少し違う。ケリーの持ち前の明るいキャラクターが作品のトーンを数段明るくしているが、全体としてヨーロッパテイストが効いている(撮影はスタジオに44ものセットを作りパリの街を再現して行われた)。もちろん、完璧主義者として業界では知られたケリーの妥協のないダンスナンバーの数々が、本作の最大の魅力。同時にダンス、とりわけバレエとフランスの絵画、そしてガーシュウィンの音楽との大胆にして見事なまでの融合は、ミュージカル映画を芸術の域に引き上げたと称されるほど革新的でアーティスティックな世界観を作り上げている。

 ミュージカルナンバーは、ジョージ・ガーシュウィンのシンフォニックジャズ「パリのアメリカ人」をベースとして、ジョージと兄アイラが手がけた楽曲の数々を間にはさむスタイル。名ナンバーのオンパレードである本作において、厳選して解説することは至難の技ではあるが、以下に主だったナンバーを紹介していこう。

 まず、交響詩「パリのアメリカ人」からの軽快なテーマ曲に乗せて、パリの街の様子が映し出される。凱旋門やコンコルド広場といった世界の観光地から、主人公ジェリーが住んでいるセーヌ左岸の街並みへとカメラは移動する。画家モーリス・ユトリロを彷彿とさせる世界は、パリへの憧れを掻き立て、それだけでうきうきとした高揚感を覚える。当時のアメリカ人にとっても憧れの街であり、ケリー自身もヨーロッパ好みであった。いつの時代も、つくづくパリは花の都なんだなあと思う。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 24日
  5. 『巴里のアメリカ人』(1951年)監督:ヴィンセント・ミネリ 出演:ジーン・ケリー 第51回