シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

亀のクラッシュ『ニモ』続編に登場!「最高だろぉ~!」な映像公開

亀のクラッシュ『ニモ』続編に登場!「最高だろぉ~!」な映像公開
東京ディズニーシーでも大人気なクラッシュ - (C) 2016 Disney / Pixar. All Rights Reserved.

 映画『ファインディング・ニモ』の続編『ファインディング・ドリー』から新映像が公開され、東京ディズニーシーのアトラクション「タートル・トーク」でも知られる前作の人気キャラクター、150歳現役サーファーの亀・クラッシュが登場するシーンがお披露目された。

 ニモたちカクレクマノミの親子の冒険を描いた『ファインディング・ニモ』の続編は、忘れんぼうのナンヨウハギ・ドリーが主役の物語。前作では、人間のダイバーに連れ去られたニモを探すため、ニモの父親・マーリンと共に、ドリーは果てしない冒険の旅に出掛けた。続編では、ドリーの家族を探すために海の仲間が再集結。ドリーの幼少期の秘密を解く鍵を求めて、人間の世界に繰り出し大冒険を繰り広げる。

 公開された映像は、家族に会いたいと願うドリーと、マーリン&ニモ親子を、海のことなら何でも知り尽くすウミガメのクラッシュが“カリフォルニア州モロ・ベイの宝石”まで案内するという旅立ちのシーン。マーリンは激しい海流にちょっと酔い気味なのだが、クラッシュは気持ちよさそうに「最高だろぉ~!」と呼び掛け、おなじみのマイペースぶりを発揮。そのほか、忘れんぼうなドリーをニモが優しくフォローするなど、海の仲間たちの可愛さがギュッと詰まった映像となっている。

 日本語吹き替え版でクラッシュの声を前作に引き続き務めるのは、人気アニメ「名探偵コナン」の毛利小五郎役や、米テレビドラマ「24 TWENTY FOUR」のジャック・バウアー役を務めてきたベテラン声優小山力也。続投に「イエ~~イ、今回も最高~、サイコ~~! みんな、波乗り気分で観てくれよなあ~っ! ドキドキわくわく、いっぱいだぜ~っ!」と“クラッシュ語”で喜びいっぱいのコメントを寄せている。そのほか、マーリン役を木梨憲武、ドリー役を室井滋が続投し、上川隆也がタコのハンク役で、中村アンがジンベエザメのデスティニー役で本作より参加する。(編集部・高橋典子)

映画『ファインディング・ドリー』は7月16日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 23日
  5. 亀のクラッシュ『ニモ』続編に登場!「最高だろぉ~!」な映像公開