シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

木梨憲武『ニモ』家族と自分の家族、どうしても比べちゃう

木梨憲武『ニモ』家族と自分の家族、どうしても比べちゃう
前作からはなんと13年!

 とんねるずの木梨憲武が29日、大ヒットアニメ映画『ファインディング・ニモ』(2003)に引き続き声優を務めた続編『ファインディング・ドリー』の都内で行われた記者会見に登場し、自身の家族と重ねた同作への思いを明かした。この日は、アンドリュー・スタントン監督、アンガス・マクレーン共同監督の来日を、木梨ほか室井滋、上川隆也、中村アンら日本語吹き替え版キャストが出迎えた。

 カクレクマノミのニモと父親マーリンの絆を描き大ヒットした前作の続編となる本作。前作で人間のダイバーに連れ去られたニモを探すためマーリンと共に冒険の旅に出た忘れん坊のドリーを主人公に、ドリーの家族を探すために海の仲間たちが再集結。ドリーの幼少期の秘密を解くカギを求めて、人間の世界へと大冒険に繰り出す。

 「以前、決して『ニモ』の続編はないとおっしゃっていましたよね」という進行役の問いかけに、スタントン監督は「2012年に確認のため『ファインディング・ニモ 3D』を見直したら、ドリーの家族は見つかっていないし、ドリーがこの先どうなるかとても心配になっている自分がいて、物忘れで周りに謝ってばかりのドリーに、もう謝ってほしくないし、もっと自分を愛してほしいと思ったら、続編のことで頭がいっぱいになってしまったんです」と動機を説明。「前作の1年後という設定ですが、冒険を経験し、ニモは10歳分も成長し、賢くなったと思います。自分の欠点を含めて、自分のあるがままを受け入れられた時、人は安らぎを感じるのでは? それをドリーにも感じてほしかった」と語る。

 日本語吹き替え版では、前作と同じくドリーを室井が、ニモの父・マーリンを木梨が担当。室井が「前作から13年経って、再びドリーをやれるなんて新人に戻ったような気持ちです。すっかり(自分が)ドリー化して、タクシーにケータイを忘れたりガーデニング用品を買いにスーパーに行ったら、カーテン売り場の前に立っていたり、心までドリーの気持ちになっています」と続投を喜ぶと、木梨も「うちには3人の子どもがいるのですが、(3番目の子が)生まれた年に『ニモ』が始まって。今度の『ドリー』で、13歳。公開したら家族、親戚、友達でごっそり観に行きます。自分の家族と、マーリンの家族を、どうしても比べちゃいますね」と縁の深い作品への思いを明かしていた。

 日本より一足早い6月17日より公開となった全米では、『シュレック 3』を超え、アニメ映画史上No.1のオープニング興行収入を記録している。(取材/岸田智)

映画『ファインディング・ドリー』は7月16日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 29日
  5. 木梨憲武『ニモ』家族と自分の家族、どうしても比べちゃう