シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

2015年最も苦情が来た映画は『007 スペクター』

2015年最も苦情が来た映画は『007 スペクター』
目潰しシーン、あれでも和らげたんだよ - Adam Berry / Getty Images for Sony Pictures

 イギリスで上映される映画のレイティングを決める全英映像等級審査機構(BBFC)によると、レイティングに関して、2015年公開作品の中で最も苦情が来た映画は『007 スペクター』だったという。The Guardian が報じた。

 『007 スペクター』は、ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)と彼の宿敵である犯罪組織スペクターの死闘を描いた『007』シリーズ第24弾。イギリスでは「12A」(12歳未満は保護者の同伴が必要)というレイティングが定められていた。問題にされたのは敵による目潰しシーンやボンドへの拷問シーンで、それが「12A」にしては残酷すぎるというのだ。

 寄せられた苦情は40件で、BBFCのチーフエグゼクティブであるデヴィッド・オースティンは「われわれの基準からすると、かなり多くの苦情が来ました。しかし、9,400万ポンド(約126億9,000万円・1ポンド135円計算)の興行収入を上げたことを考えると、小さな割合かもしれませんが」とコメント。その目潰しシーンは「12A」より厳しいレイティングである「15」(15歳未満は鑑賞禁止)にならないよう、製作側にアドバイスをしたことで詳細が編集されたシーンだといい、オースティンは『007 スペクター』が最も苦情が来た映画となったことに驚いたとも明かしている。

 次いで苦情が多かったのが、「15」とレイティングを定めた『キングスマン』(38件)と「U」(誰でも鑑賞可)と定めた『ミニオンズ』(16件)。『キングスマン』は教会での殺戮シーン、『ミニオンズ』は拷問部屋のシーンが過激すぎるのではないかと指摘されたという。(編集部・市川遥)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 7月
  4. 1日
  5. 2015年最も苦情が来た映画は『007 スペクター』