シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

わざわざ問題を起こすな!「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」女優が批判の的

わざわざ問題を起こすな!「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」女優が批判の的
オーマイガー! - ダニエル・ブルックス - Mary Clavering / Young Hollywood / Getty Images

 テレビドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」でターシャ・“テイスティ”・ジェファーソンを演じている女優のダニエル・ブルックスが、空港で差別的な扱いを受けたとツイートをし、批判されている。

 ダニエルは6月30日(現地時間)に、「空港ゲートの職員が、わたしのことをまるでファーストクラスに乗ったことがないような目で見ながら、『ファーストクラスなんてラッキーね!』と言うのがイヤ」とツイートをしたのだ。

 彼女としては自分が黒人だからファーストクラスに乗れるのは、まれだと言われたと解釈をしたよう。世間の同意を求めるつもりでツイートをしたようだが、逆に「気にしすぎ」「お高くとまりすぎ」などのコメントが多く寄せられ、つぶやきは削除されることとなった。

 「『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』は大好きだったけど、ラッキーと言われたあなたの過剰反応で第4シーズンを観ることはないわ。自信過剰」「けんか腰は自分をおとしめるだけだから、やめたほうがいい。君はこの国の悪いところを体現しているよ」「あなたが普通の席じゃ入りきらないからファーストクラスでラッキーだって言ったんじゃないの?」など、ダニエルに対する風当たりは強い。ほかにも「人種を手札に使うな」「何もないところにわざわざ問題を起こすな」などのツイートも見られた。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 7月
  4. 4日
  5. わざわざ問題を起こすな!「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」女優が批判の的