シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

松田翔太、オダジョーを気遣いまくる!愚痴ポロリ…

松田翔太、オダジョーを気遣いまくる!愚痴ポロリ…
松田、オダギリを気遣ったエピソードを披露

 俳優の松田翔太が28日、都内で行われた映画『オーバー・フェンス』東京プレミア上映会にオダギリジョーと共に登場、松田はオダギリにかなり気を遣ったことを訴えた。

 本作は、「そこのみにて光輝く」などの故・佐藤泰志さんの同名小説を実写化した、一組の男女の物語。函館を舞台に、生きることに希望を見出せず、惰性に暮らす白岩(オダギリ)と、キャバクラで働く風変りなホステス・聡(蒼井優)との幻のような一瞬の夏を描く。

 劇中、白岩と聡が出会うきっかけを作る代島和久を演じた松田は、リアルにオダギリと蒼井の仲を取り持とうとしたエピソードを披露。「二人(オダギリと蒼井)が人見知りで全然しゃべってくれないし、弁当(を食べるとき)も違う所に行っちゃうし、(共演の鈴木)常吉さんに愚痴をこぼしたこともある」と振り返りつつ、「ここは俺が行かないと! と思い、勇気を振り絞ってオダギリさんの横に行って『弁当、一緒に食いませんか?』(と言いました。)気を遣って麦茶なんか持ってっちゃったりして」と紹介する。

 「それが功を奏した」そうで、「僕自身が役をやりやすくなったし、俳優として尊敬している二人と仲良くなれて、作品を違和感なくできたことがうれしかった」と笑顔。また、「二人も人見知りと言いながら、僕を突破して盛り上がっていたので、代島の役割を果たせたというか、(代島の)一部になれてうれしかった」と安堵の表情ものぞかせた。

 この日は、蒼井優、北村有起哉、満島真之介、松澤匠、鈴木常吉、山下敦弘監督も出席。「楽しかった」としみじみと語る満島は、「いつ撮影していたかわからないくらい、カメラが回っているときと回っていない時が同じ状態で、僕はただただ、この先輩方とペチャクチャおしゃべりすることがすごくうれしかったんですよねぇ」と述懐する。さらに、「翔太さんともずっとふざけたりしてました」と松田の顔をうかがうが、松田は「俺はふざけていない」とキッパリ否定。それにもめげず、「方言で遊んでたんですよね」と食い下がると、オダギリから「すっごい巻き込むね……」と呆れられる場面もあった。

 また、本作が韓国・釜山国際映画祭の「アジア映画の窓」部門に出品されることも報告された。山下監督の新境地を拓いた作品であること、韓国でも絶大な人気を誇るオダギリの主演作ということで即決だったという。(取材/錦怜那)

映画『オーバー・フェンス』は9月17日よりテアトル新宿ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 7月
  4. 29日
  5. 松田翔太、オダジョーを気遣いまくる!愚痴ポロリ…