シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

女優からレスラーへ!女子プロレス界がコメディードラマ化

女優からレスラーへ!女子プロレス界がコメディードラマ化
生き残りをかける! - 主演のアリソン・ブリー - Tara Ziemba / WireImage / Getty Images

 アメリカの女子プロレス界を描くNetflixのコメディードラマ「G.L.O.W.(原題)」のキャストが発表され始めている。The Hollywood Reporter などが報じた。

 同ドラマは「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のクリエイター、ジェンジ・コーハンによる作品で、実在した1980年代の米女子プロレスリーグ「G.L.O.W. (ゴージャス・レディース・オブ・レスリングの略)」からインスピレーションを得たもの。第1シーズンは10エピソードが製作される。

 仕事がなくなった女優ルースがロサンゼルスでレスラーとなり、女子プロレスのテレビ番組で生き残りをかけるというストーリー。ルース役には「MAD MEN マッドメン」でトゥルーディ・キャンベルを演じたアリソン・ブリーがキャスティングされている。ほかに配役が発表されているのが、「ナース・ジャッキー」でキャリー・ローマンを演じたベティ・ギルピン。彼女が演じるデビー・イーガンは元メロドラマのスターだったが、出産のため引退したものの、絵に描いたような生活は思ったほどいいものではなく、ハリウッドに戻ってくるらしい。

 女子プロレスのテレビ番組の監督を演じるのはマーク・マーロン。彼は14人の女性をプロレス界のスターへと導かなければならないが、女性関係に少々問題を抱えている人物のため、前途多難のようだ。アメリカでは1986年から1990年まで女子プロレスの番組「G.L.O.W.」が実際に放送されていた。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 9月
  4. 3日
  5. 女優からレスラーへ!女子プロレス界がコメディードラマ化