シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

泉ピン子、念願の「ドクターX」出演に後悔

泉ピン子、念願の「ドクターX」出演に後悔
泉ピン子ちょっぴり後悔

 テレビ朝日の連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」の大ファンで、第4シリーズから念願かなって出演することになった泉ピン子が、早くも「見るもので、出るものじゃない」と後悔していることを冗談交じりに明かした。4日、都内で行われたドラマの制作発表記者会見中に語った。

 この日の記者会見には泉のほか、主演の米倉涼子、岸部一徳、生瀬勝久、内田有紀、勝村政信、滝藤賢一、草刈民代、田中道子、吉田鋼太郎、西田敏行が登壇。第4弾となる本作では、主人公の外科医・大門未知子(米倉)と、自身に恨みを持つ蛭間重勝(西田)が院長を務める東帝大学病院で繰り広げる戦いが描かれる。米倉は、シリーズ史上もっとも危険で最強の敵・久保東子にふんする泉や、おなじみの西田との共演について「向かってくるものが大きければ大きいほどやる気が出るので、今回はすごく楽しみにしていました」とコメント。

 その中で「1回目からすべて見ております」と本シリーズのファンであることをアピールした泉は、「夢のようでして、願っていれば通じるんだなと。他局から、木曜9時に引っ越してきました(笑)」とご満悦。ただ、これまでにないセリフ回しに苦労しているようで「今までのセリフは『餃子一丁とか、ラーメン三つ』とかがほとんどだったのですが、本作は医療用語ばかりで、見るもので出るものじゃないと後悔しております」とジョークを飛ばしていた。

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第4シリーズ出演者

 当日は、秋ドラマの金メダルを取れるようにということで、リオ五輪金メダリストの柔道家ベイカー茉秋が登場する一コマも。「わたし、失敗しないので」という未知子のセリフが好きだとはにかんだベイカーを前に、米倉は「かっこいい~。うちのマネージャーとちょっと似てるんですよ」と話し、マネージャーを壇上に上げて記念撮影。一方で「きれいな顔ね~。脚も触っちゃった! 固いの!」とベイカーの肉体に興奮していた泉は、「わたし、一応(東京五輪の)顧問だから、お会いすることもあると思うわ~」と満面の笑みで語り掛けて、米倉に「売り込んでどうするんですか!」と突っ込まれ場内の笑いを誘っていた。(取材・文:岸豊)

ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第4シリーズは10月13日よりテレビ朝日系でスタート(毎週木曜・午後9:00~9:54に放送)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 4日
  5. 泉ピン子、念願の「ドクターX」出演に後悔