シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

勝手すぎ?離婚した夫に言わずに息子を学校に入学させる

勝手すぎ?離婚した夫に言わずに息子を学校に入学させる
イギリスの方がいいわ。 - レナ・ヘディ - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 人気海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で悪女サーセイ・バラシオンを演じているレナ・ヘディが、離婚した夫からの訴えで、子供を連れてアメリカに戻ってくるよう裁判官に言い渡されたとTMZ.comが報じた。

 レナは元夫でミュージシャンのピーター・ローランとの間に6歳の息子ワイリーくんがいるが、「ゲーム・オブ・スローンズ」の撮影のため子供を連れてイギリスに引っ越している。9月にはアメリカに戻るはずだったが、米国の教育システムよりもイギリスの方がいいと、勝手に学校に入学させてしまったらしい。

 これは2013年に合意した親権内容に反するとピーターは裁判を起こし、裁判官もこれを認めたという。ピーターは1か月のうち10日間、ワイリーくんと過ごせることになっており、レナがアメリカを離れている間は、彼女がピーターの旅費や滞在費を支払わなければならないことになっている。裁判官は帰国を命じたものの、同ドラマの撮影が終わるまで猶予を与えているそう。

 レナとピーターは2007年に結婚。2011年に別居し、2013年に離婚が成立している。レナには1歳の娘テディちゃんもいるが、父親が誰であるかを明かしていない。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 30日
  5. 勝手すぎ?離婚した夫に言わずに息子を学校に入学させる