シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

ジェームズ・ボンドと真逆の世界観!ジョン・ル・カレ映画の魅力『寒い国から帰ったスパイ』(1965年)【名画プレイバック】(1/3)

ジェームズ・ボンドと真逆の世界観!ジョン・ル・カレ映画の魅力『寒い国から帰ったスパイ』(1965年)
スパイ小説の大家、ジョン・ル・カレ初の映画化作品『寒い国から帰ったスパイ』 - Paramount Pictures / Photofest / ゲッティイメージズ

 スパイ小説の大家にして、自らもイギリス秘密情報部に所属していた経歴を持つジョン・ル・カレ。1961年に小説家デビューを果たして以来、映像化作品も多く、とりわけ2000年代以降は映画化が相次いでいる。現在の活況の火付け役は、日本でも人気を博した玄人好みの『裏切りのサーカス』(2011)だろう。今年はテレビドラマシリーズ化された「ナイト・マネジャー」(2016)、『われらが背きし者』(2016)が配信、公開され、ここにきてル・カレブームの到来といっても過言ではない。その原点と言えるのが、東西冷戦下の諜報活動を描いた、ル・カレの初の映画化作品であるイギリス映画『寒い国から帰ったスパイ』(1965)だ。(今祥枝)

 イギリス秘密情報部(ケンブリッジ・サーカス)のアレック・リーマス(リチャード・バートン)は、東西の諜報合戦も激化する冷戦の最前線、ベルリンにおける責任者だった。だが、東ドイツの情報源だったスパイのカルル・リーメックの亡命が失敗し、ベルリンでの諜報網は壊滅。帰国したリーマスは、通称サーカスのリーダー、管理官(コントロール)から、東ドイツ諜報機関の副長官ムント(ペーター・ヴァン・アイク)を失脚に追い込むべく、密命を受ける。西側のスパイを次々と抹殺したムントこそが早急に倒すべき敵であり、リーマスの最も憎むべき相手だった。

 表向きは組織に見捨てられ、すさんだ生活を送るリーマス。職安で紹介された図書館の同僚ナン・ペリー(クレア・ブルーム)と恋に落ち、幸せを感じたのも束の間、東ドイツの工作員が接触。舞台はオランダから東ドイツへと移り、リーマスはムントと組織内で敵対するユダヤ人のフィードラー(オスカー・ウェルナー)から取り調べを受け、コードネーム“転がる石”の情報を流して、フィードラーにムントが二重スパイであると告発させるに至る。ムントの裁判が開かれ、リーマスの任務は成功したかに見えたが……。

 原作はル・カレが1963年に発表し、一躍名声を高めたベストセラー小説「寒い国から帰ってきたスパイ」(翻訳:宇野利泰/早川書房)。派手なアクションはなく、リアリズムが貫かれた作風は、まさに現実のスパイとはこうなのかと苦いエピソードの連続。同時に、ル・カレ作品ではお約束とも言うべき、1度ならず読者を驚かせるドンデン返しは鮮やか。もっとも、事態の全容が明らかになってもなお、最後の瞬間までリーマスがどうなるのかはわからないので、エンドクレジットが出るまで気が抜けない。映画は、ほぼ原作通り。すべてが終わった後は、なんとも言えない無常感に襲われるあたりは社会派の要素にも優れ、メッセージ性も含めてル・カレの原作の完成度の高さを改めて思い知らされる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 11日
  5. ジェームズ・ボンドと真逆の世界観!ジョン・ル・カレ映画の魅力『寒い国から帰ったスパイ』(1965年)