シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

池松壮亮、トム・クルーズの『ラスト サムライ』思い出話に「覚えてない」

池松壮亮、トム・クルーズの『ラスト サムライ』思い出話に「覚えてない」
実に13年ぶりの再会!(左より)池松とトム

 ハリウッドスターのトム・クルーズとエドワード・ズウィック監督が8日、『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』来日記者会見を都内で行い、2人が以前にタッグを組んだ『ラスト サムライ』に子役で出演していた池松壮亮と実に13年ぶりの対面を果たした。思い出話をしみじみと語るトムらをよそに、池松は「覚えてないですね」とつぶやき、会場を爆笑の渦に包んだ。

 池松は、明治維新直後の日本を舞台に最後の侍となった人々の壮絶な戦いを描いた歴史超大作『ラスト サムライ』(2003)で、トム演じる主人公オールグレンと心を通わす少年・飛源役で共演。しかし、当時12歳で映画やテレビをあまり見ていなかったこともあり、「(トムが)誰だか知らなかった。知らない人に対してトムと呼んでいたんです」と先日放送されたテレビ番組でその時の様子を明かしていた。

 そんな池松が日本酒のお土産を持って登場すると、トムとエドワード監督は「また会えてうれしいよ」と笑顔。池松も「こちらこそ」とはにかむが、やはり記憶は曖昧なよう。エドワード監督が「日没をバックに、オールグレンが飛源にさよならを告げる感動的なシーンが池松にとってのファーストテイクだった。ベテランの役者でも難しいシーンを何テイクか撮ったけど、どれも最高のパフォーマンスだった」と絶賛し、トムも「直前でシナリオを書いたんだよね。覚えてる?」と尋ねるが、池松は「覚えてないですね」と苦笑するしかなかった。

 とはいえ、池松の人生を大きく揺り動かした『ラスト サムライ』。「あの頃は俳優になるとは思っていませんでしたし、2人に出会えたことで僕の人生は変わりました。指標というか、2人のおかげでまだやれそうだなと思いました」と感謝の念を示すと、トムは「君が素晴らしい役者に成長したことを誇りに思うよ」と池松の今の姿を手放しで喜んだ。

 『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は、米国作家リー・チャイルドの小説を実写化した映画『アウトロー』(2013)の続編。元米軍秘密捜査官にして、正義のためにはルールを問わないジャック・リーチャー(トム)が、政府の巨大な陰謀に立ち向かうさまを描いたアクション大作。(取材/錦怜那)

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は11月11日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 8日
  5. 池松壮亮、トム・クルーズの『ラスト サムライ』思い出話に「覚えてない」