シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

人気アプリ「ねこあつめ」が実写映画化!伊藤淳史、スター猫たちと共演

人気アプリ「ねこあつめ」が実写映画化!伊藤淳史、スター猫たちと共演
伊藤淳史とスター猫のシナモン 猫たちのかわいい仕草がいっぱい! - (C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

 1,900万ダウンロードを突破する人気アプリ「ねこあつめ」が、『ねこあつめの家』のタイトルで実写映画化され、2017年に劇場公開されることが明らかになった。

 「ねこあつめ」は、2014年10月にリリースされたスマートフォン向けゲームアプリ。家の庭先にご飯やおもちゃを置いて猫たちを集めて、あとはただ眺めるだけというシンプルなシステムと、猫あるあるを盛り込んだ癒やし系の内容が話題を呼び、ついにはCNNも特集、世界中にユーザーを広げた。

 まさかの実写化となる映画の舞台は、のどかな土地に建つ一軒家。そこに住むスランプ中の若き小説家・佐久本勝が1匹の猫と出会うところから物語は始まる。主演は、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」やドラマ「電車男」などの伊藤淳史。演技派としても知られる伊藤が、ふとしたことで始めた「ねこあつめ」を通して、人生がほんの少しだけ変わっていく青年役に挑む。

002
シナモンは重要な役どころ! (C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

 劇中には、チョーヤ梅酒「うめほのり」のCMなどで活躍するアイドル猫のシナモンをはじめ、ベテランから新人まで、数々のスター猫が登場。アプリ同様、猫好きにはたまらない仕草や表情が詰め込まれる。

 「僕自身、現場で猫と触れ合い、とても癒やされ、元気をもらいました!」という伊藤は、「命ある存在は、やはり不思議な力を持っていて、希望を与えてくれると、心から感じました。世代を問わず、あらゆる方に観て頂きたいと思っています」とコメントしている。

 監督は、2011年に『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』で長編監督デビューを果たした蔵方政俊。「大きな事件は起こりませんが、猫たちと過ごす何げない時間の中で、主人公の心の中には色々な変化が生まれます。その気持ちの移ろいを丁寧に描きました」という蔵方監督は「主人公と一緒に、ゆったりとした気分で猫たちを眺めて頂けますと幸いです」と語っており、アプリの雰囲気をそのまま再現したかのような内容が期待できそうだ。(編集部・入倉功一)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 8日
  5. 人気アプリ「ねこあつめ」が実写映画化!伊藤淳史、スター猫たちと共演