シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

小栗旬、サイコパス診断の結果にショック!苦笑いで全否定

小栗旬、サイコパス診断の結果にショック!苦笑いで全否定
友人とのイベント出演でリラックスした表情の小栗旬

 俳優の小栗旬が16日、都内で行われたHuluオリジナルドラマ「代償」の完成披露舞台あいさつに出席し、心理カウンセラーのサイコパス診断の結果に驚きの表情を見せた。この日は共演者の高橋努も出席した。

 本作は、Huluで日米同時配信されるクライムサスペンス。小栗は自分の人生と精神を破壊したサイコパスとの決着に闘志を燃やす弁護士・圭輔を、高橋は圭輔を追いつめるサイコパス・達也を演じる。プライベートでも親交がある2人は、高橋が小栗を追いつめる気持ちを聞かれると、「快感」とこぼして場を盛り上げるなど、息のあったトークを展開した。

 イベント前に珍しく報道陣の囲み取材に応じた小栗は、芸能レポーターとのやりとりに、「久しぶりだなって。あんまり得意じゃないので……」と苦笑。取材後に感想を求められると「できればもうやりたくない」と答えて笑いを誘った。

 イベント終盤には心理カウンセラーの晴香葉子さんが登壇。小栗と高橋にいくつか質問を投げかけて2人のサイコパス適正を占う「サイコパス診断」を行った。本作への出演に向けてサイコパスについて研究したという小栗は、「本を読んだけど、自分には当てはまらない」と自信たっぷり。しかし診断の結果「サイコパス性が強い」と診断されると意外そうな表情を見せる。

002
高橋努と小栗旬

 晴香さんいわく、サイコパスには「(他人への)操作性が強く、口達者で、表面的には魅力的な人が多い」とのこと。アンケートに対する小栗の回答をまとめると、恋愛における衝動性の強さや退屈を嫌う性格といった、サイコパスの傾向に合致しているとのことで、この結果に小栗はショックを隠せず。「絶対違う。本を読んだ時は、そういう要素はなかった」と反論していた。

 実際にサイコパスを演じた高橋は「この作品は『サイコパス』の存在が全面に出ているのでそこにとらわれがちですが、僕自身は愛の話だと思っています」と本作についてコメント。「人はどこまで人を愛せるか、身近にいるサイコパスと愛が本当に一緒か、皆さんも考えていただけたら」と呼び掛け、小栗もこれに強く同意していた。(取材・文:名鹿祥史)

「代償」はHuluにて11月18日より独占配信(初回のみ第1話&第2話同時配信、以降毎週金曜配信)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 16日
  5. 小栗旬、サイコパス診断の結果にショック!苦笑いで全否定