シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

娘が殺人犯にされた父を自力で…犯罪スリラーにローレンス・フィッシュバーン

娘が殺人犯にされた父を自力で…犯罪スリラーにローレンス・フィッシュバーン
ローレンス・フィッシュバーン - Noel Vasquez / Getty Images

 映画『マトリックス』シリーズなどの俳優ローレンス・フィッシュバーンが、犯罪スリラー映画『ルビー・イン・マーダータウン(原題) / Ruby In Murdertown』に出演することになったとDeadline.comが報じた。

 本作は、テレビシリーズ「CSI:ニューヨーク4」などにゲスト出演している女優のリア・レイチェルの長編初監督作品。フィッシュバーン演じる、殺人の濡れ衣を着せられた父親のために、娘が警察の助けを借りず自力で事件の解決を図るというストーリー。サンダンス映画祭で上映された『ザ・フィッツ(原題) / The Fits』でゴッサム賞のブレイクスルー俳優賞にノミネートされている11歳のロイヤルティ・ハイタワーが娘役にキャスティングされている。フィッシュバーンは、プロデューサーも務める予定だ。

 フィッシュバーンは、映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のモルテン・ティルドゥム監督、ジェニファー・ローレンス、クリス・プラットと共演の『パッセンジャーズ(原題) / Passengers』が12月21日より全米公開。現在、リチャード・リンクレイター監督、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のブライアン・クランストンと共演の『ラスト・フラッグ・フライング(原題) / Last Flag Flying』の撮影中だ。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 20日
  5. 娘が殺人犯にされた父を自力で…犯罪スリラーにローレンス・フィッシュバーン