シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

高畑充希、忌野清志郎の名曲を『ひるね姫』でカバー

高畑充希、忌野清志郎の名曲を『ひるね姫』でカバー
「デイ・ドリーム・ビリーバー」を歌い上げた高畑充希 - (C)2017 ひるね姫製作委員会

 故・忌野清志郎さんがZERRY名義で米バンドモンキーズの原曲に日本語歌詞を付け、今も名曲として親しまれている日本語歌詞版「デイ・ドリーム・ビリーバー」を、女優の高畑充希が新たにカバーしていることが明らかになった。高畑は自身の主演声優映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』で同曲を、映画の主人公・森川ココネ名義で歌い上げている。

 モンキーズの原曲の歌詞をかなりアレンジした日本語歌詞には、清志郎さん自身の強い思いが込められているとされ、ファンの間でも根強い人気を誇っている「デイ・ドリーム・ビリーバー」。映画『ひるね姫』の監督を務めた神山健治は、「映画のエンディングで流れる主題歌もストーリーの一部」と考え、「夢」と「去った人への思い」が映画本編のテーマや主人公の気持ちとリンクする同曲を主人公に歌ってほしいと高畑に熱烈オファーを出したという。

 神山は「この楽曲は高畑さんでなければ意味がありません。“高畑さんが演じる森川ココネ”に歌ってもらうことで作品が完成すると言っても良いくらいです。主題歌を引き受けていただき、非常にうれしく思います」とコメント。高畑が歌った「デイ・ドリーム・ビリーバー」を、「最初に聞いた時、思わずニヤニヤしてしまうくらいうれしかったです。音楽としても素晴らしい」と絶賛した。

 一方で歌った高畑は、「自分が声優をつとめた作品で、主題歌も担当するのは初めての挑戦です。しかもすごく好きな曲を。やはりわたしの中では清志郎さんのすてきなイメージが未だに鮮やかで、カバーするには勇気が必要だと思いましたし、わたしで大丈夫かなという不安な気持ちはありました」と告白。だが「役がそのまま唄うようにエンドロールに入っていきたい」という監督の思いに応えて、チャレンジを決意したそう。高畑は「清志郎さんとはまた違った、ココネからの目線で楽曲を見られたらいいなと思い、この最高にカッコイイ曲を全力で楽しむことに集中しました。ココネから見えた『デイ・ドリーム・ビリーバー』も、よろしくお願いします」と呼び掛けていた。(編集部・井本早紀)

映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は2017年3月18日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 24日
  5. 高畑充希、忌野清志郎の名曲を『ひるね姫』でカバー