シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

福士蒼汰、初の悪役が美しい!『無限の住人』木村拓哉も絶賛

福士蒼汰、初の悪役が美しい!『無限の住人』木村拓哉も絶賛
肌白い。はかなげな美しさを放つ福士蒼汰 - (C) 沙村広明/講談社 (C) 2017映画「無限の住人」製作委員会

 木村拓哉主演の映画『無限の住人』(4月29日~、三池崇史監督)で、剣客集団・逸刀(いっとう)流の統主にしてヒロイン・凜(杉咲花)の仇討ちの相手となるキーパーソン、天津(あのつ)影久にふんした福士蒼汰。木村演じる不死身の剣士・万次と激しい最終決戦も繰り広げるキャラクターで初めての悪役に挑んだ。時代劇自体も初挑戦となったが、木村は「いまどきあんな真面目なヤツはいない」と福士を称賛。福士も木村の背中を見て学ぶことが多かったと言う。

 約1年前に報道陣に公開された京都の撮影現場には、沙村広明による人気原作コミックの天津のように白い肌で、美しさが際立った福士が立っていた。顔立ちを含めたたたずまいがきれいすぎて人間味を感じないほど。極めつけは、全身血だらけになりながら目に冷酷さを携え、妖気を漂わせた表現。「美青年」で「残虐」という役柄の重要なポイントを確実に押さえている。

 役者と剣を交えることが初めてだった福士は、相当な緊張や不安があったと言うが、木村から見ると「オオサンショウウオのようなレベルでめずらしい存在」で、「自分が同じくらいの年齢のときに、あんな真面目にはいられなかった」と福士の性格や姿勢を唯一無二のものだと絶賛。福士は木村の空気感や撮影現場にいる姿を見ていると「自分の身も、気持ちも引き締まる」と刺激を受けている。「役者として、一人の男として学ぶところがたくさんあるので、撮影現場にいる木村さんが、どんなことをしているのかなーって、よく見たりしていました」

無限の住人
「暴力的」に重点を置いた役づくり

 三池監督からは「万次の目をグッと見て、かっこよく、集中して」や「普通の人間じゃない天津として」などと、福士が天津になり切るためのアドバイスやゲキが飛んだ。「三池監督とは2回目なんですが、日々挑戦という気持ちで挑ませていただきました。ワンシーン、ワンカット撮るたびの緊張感や不安はありますが、OKになったときの喜びが自分の中でちょっとずつ財産になっていく。そんな価値のある時間だと思いながらいつも参加させてもらっています」と充実感たっぷりだ。

 悲願である剣術の流派統一に身をささげる天津を演じるうえで、「撮影中に意識しなくても自然と美しくいられるように、クランクインする前から所作の指導を受けていました。その中で先生から及第点をいただくことができたので、現場では暴力的な部分の天津を大きく出そうと思いながら演じていました」と役づくりの重点を「暴力的」に置いた。

 作品としてはヒール役だが、福士は「天津影久には逸刀流の統主としての意思があるし、その意思を貫いている。自分自身は悪だと思っていないので、演じているときは本当に自分の信念を貫いているという感覚」と分析。さわやかな好青年のイメージが強い福士だけに、今作の姿をファンはどう受け止めるのか。「作品の中ではやっぱり『悪』なので、どう見られるのかっていうのは、僕自身も楽しみです」と言う、進化し続ける福士の新境地に期待が高まる。(編集部・小松芙未)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2017年
  3. 1月
  4. 11日
  5. 福士蒼汰、初の悪役が美しい!『無限の住人』木村拓哉も絶賛